J:COM

J:COM MOBILEの特徴・口コミ・評判・キャンペーンを調査!

2022年6月13日

目次

格安SIMの中でも穴場なJ:COM MOBILE

大手スマホキャリアからの乗り換えが主流となってきている格安SIM。その中でも、あまり知られていないサービスなのがJ:COM MOBILEです。

J:COM MOBILEは名前の通り、ケーブルテレビやインターネットサービスなどを提供しているJ:COMが展開している格安SIMサービスです。 ですが、どんなサービス内容やメリットがあるのか、気になっている方もいることでしょう。

ここでは、J:COM MOBILEのサービス内容から、口コミ・評判から分かるメリットやデメリットを詳しく紹介していくので、J:COM MOBILEの評判が気になる方や、格安SIMへの乗り換えを検討している方は参考にしてみて下さい。

J:COM MOBILEの特長

料金プラン

SIMのみでの契約と、スマホ端末セットにより基本料金が変わります。 どちらもお得に使えるのが特徴ですが、料金プラン単体ではSIMのみの契約の方が安くなっています。

販売している端末が安い

最新の高性能な端末を手に入れたいという時に、安く購入できオススメなのです。 もちろん、格安SIMのメリットである「月々の料金も安くなる」という点もしっかり抑えているので、トータルコストを安くしたい場合でもJ:COM MOBILEはオススメできるでしょう。
また、J:COMの他サービスを使っている方には、料金の割引や様々な特典を受けられるのも高いポイントとなっています。

Webや電話で簡単に手続きできる

J:COM MOBILEは、Webまたは電話からお申し込み手続きができます。自宅にいながら手続きが完了するので、ショップに出向いて長時間待つ必要はありません。

面倒なスマホの初期設定、契約後のあらゆる対応もお任せ

電話帳の移行やLINEの引継ぎ、また、端末の基本初期設定、MNP回線の切り替え、Googleアカウントやその他アプリの設定などをサポートしてくれる「えんかくサポート」を利用できます。
また、実際に使い方などで困った場合も、引き続き「えんかくサポート」で画面を共有し解決、専門スタッフへ何度でも電話でき、訪問での問題解決も行っています。

通信回線は大手キャリアと遜色なし

au回線とドコモ回線の広い範囲に適応しているため、通信品質が高く極端に遅いということはありません。郊外や都心部でも問題なくつながります。J:COMは、大手キャリアのauと同じグループ会社です。J:COM MOBILE Aプランはau回線を使用しており、通信・通話エリアもこれに準じたものとなります。

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

J:COMの申し込みはこちらから

J:COM MOBILEの口コミ・評判を調査

実際にJ:COM MOBILEを契約している方の口コミや評判を確認してみましょう。 ここでは、リアルタイムで反応を確認できるTwitterと、サービスや商品の口コミ・評判を自由に投稿できる「みんなの評判」での口コミを紹介します。

 

“まともに普通の某三大キャリアの契約では月々5000~8000円ほどかかってしまうが、この格安SIMではデータ通信のみだと1000円以下で運用できるので大変お得だと思った。他社スマホからの乗り換えでキャッシュバック等の特典もあるらしく、バイトだけの学生にも優しく、十分に支払える額であるこちらのSIMを選んだ。しかし早朝や深夜などの時間帯では回線速度に不満はないが、昼、特に12時から1時の昼休みの時間帯に回線速度が極端に落ちてしまう。通話はかろうじて出来るぐらいだが、動画の再生が少々厳しくなってしまう。 出典:みんなの評判

こちらの方は、J:COM MOBILEの料金について投稿しています。 投稿の通り、1番容量の少ない1GBで契約した場合、なんと1,000円以下でインターネット通信が利用できるのは、学生さんなどにも嬉しいサービスなはず。

一方で、「昼の時間帯における通信速度に不満がある」と投稿されていますが、他の格安SIMでも同様に昼の時間帯は繋がりにくいという特徴があります。 これは、格安SIMのデメリットとして捉える必要があるでしょう。

 

“J:COMに入っていることを前提で。 とにかく自分でなんとかできるなら、0.5Mで十分なら980円と悪くはない。 速度はauタイプだがそこまで遅いということは無い。 サポートに期待してはダメ。受付時間も18時まで。 あと選べる機種が少なすぎる。iPhone7以外なら実質端末持ち込みのつもりで。 あと5分かけ放題が850円が高いかどうかは各自の判断ですね。“ 出典:みんなの評判

この投稿者はJ:COM MOBILEの料金にメリットがあることを投稿しています。 ですが、その反面でサポート対応や選択できる機種が少ないことに不満を持っているようですね。

実際に大手キャリアと比較すると、選択できる機種が少ないことや、サポート対応の面でマイナスな部分があるのも事実です。

また、この投稿が行われた時は500MBの容量で980円でしたが、現在は1GBの容量で980円になっているので、よりお得にJ:COM MOBILEを利用できますよ。

J:COM MOBILEでは、最新機種のiPhone SEなどの端末が「実質0円」で購入できるのも魅力の1つとなっています。 端末を実質0円で購入するにはいくつか条件を満たす必要がありますが、自分で端末を購入するより安くなることが多いので、検討してみるのもオススメです。

 

この口コミの投稿者はJ:COM MOBILEでプロ野球中継を楽しんでいることが分かります。 J:COM MOBILEでは、専用のオンデマンドアプリを利用することで、プロ野球中継をデータ容量の消費なしで観戦することができます。 野球中継は長時間になることが多いので、データ容量を消費しないという点はかなり魅力的ですよね。

口コミから分かるJ:COM MOBILEのメリット

ここまで、Twitterと「みんなの評判」からいくつか口コミ・評判を紹介しましたが、そこから分かるJ:COM MOBILEのメリットとデメリットを以下に解説していきます。

月額料金を安く抑えられる

先ほど上述した通り、J:COM MOBILEの料金プランは1GBで980円〜とかなりお得になっています。 最近ではコンビニなど行く先々にWi-Fiスポットがあるので、あまりデータ容量が必要ないという方にとっては、少ないデータ容量で安く使える点はメリットが大きいですね

何より節約したい方には「音声回線が業界最安値980円」

リモートワークが浸透するようになり、外で遊ぶ場所もなくなって家で過ごす時間を楽しむようになった昨今。
何かと在宅率が上がった方も多いですよね。
そうすると自宅のWi-Fiを使っているため、スマホの容量が減らなくなっているのではないでしょうか?
そんな方には1GBのコースがおすすめです。
音声回線で月に1GB使えて、永年月額980円(税抜)。
足りなくなったパケット容量はWebで追加購入ができるので、合理的でムダなく使えます。
普通に通勤や通学している場合だと、YouTubeなどの動画を見ないような人がおすすめです。
動画やゲームなど重いコンテンツやアプリのダウンロードは、家にいてWi-Fiに繋いでいる時にすれば節約になりますよ。

J:COMの他サービスを利用できる

上記ではプロ野球中継をデータ容量なしで観戦できることを解説しましたが、他のJ:COMサービスもJ:COM MOBILEを利用することで便利に利用できます。 特にJ:COMの強みである動画配信は、J:COM MOBILEと連携していることが多いので、外出先で動画を楽しみたい方はJ:COM MOBILEがオススメです。

実質0円で購入できる端末が多い

J:COM MOBILEで取り扱いのある端末は、実質0円で購入できる端末を複数取り揃えています。 実質0円で購入するには分割払いが必要などの条件がありますが、他の通信会社よりお得に購入できることが多いですよ。ぜひ確認してみて下さい。

通信制限後も最大1Mbps

データを使いすぎて、速度制限に苦しめられた経験がある方は多いと思います。しかし、J:COM MOBILEであれば、速度制限時でも最高1Mbpsの速度が出ます。
1Mbpsだと、LINEやメール・テキスト・画像中心のSNSを利用するくらいなら十分に使えます。
動画も標準画質であれば、問題なく視聴できるレベルですが、高画質の動画視聴や大きなサイズのデータダウンロードには少し時間がかかると思われます。
ただし、注意が必要なのは、これらが可能なのは10GB/20GBプランのみで、1GB/5GBプランは通信制限がかかると速度が最高200Kbpsになるので気を付けて下さい。

KDDI系列なので、回線が速い!

格安SIMのデメリットの一つは、「通信速度が出ない」ことだといえます。
一方、J:COM MOBILEはKDDI系列なので、通信品質は高く、回線速度も1日を通じて安定しています。
どちらの回線が適用されるかはコースによりますが、J:COM MOBILEでは、auとNTTドコモ両方の回線に対応しています。 全国的にカバーしているので、エリアによってスピードが遅いなどのストレスを感じることはないでしょう。

余ったデータの繰り越しができる

J:COM MOBILEでは、使わなかったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。そのため、思ったより大きなデータ容量のプランを契約しちゃったなと思った時も、損しにくくなっていますよ。
繰り越したデータは翌月末まで利用可能です。

口コミから分かるJ:COM MOBILEのデメリット

契約できる端末の数が少ない

2021年1月時点で、J:COM MOBILEが取り扱っている端末は5種類。大手キャリアのように豊富なラインナップとなっているわけではありません。 とはいえ、J:COM MOBILEでは自分が用意した端末を利用することもできるので、自分が使いたい端末がある場合はSIMカードのみの契約でもOK。

サポートの対応に不安がある

ネットの口コミの中でも目立ったものが、「J:COM MOBILEのサポートが良くない」という点でした。 特に電話でのサポートは、待ち時間が長いことや受付時間が短いなどと言われています。 そのため、オススメなのは「かんたん診断」というサポートサービス。 LINEサポートや簡単に問題点を見つけられるので、こちらを活用してみるのもオススメです。

J:COM MOBILEは使いやすい?使いにくい?

J:COM MOBILEは、他の格安SIMと比較するとユーザー数が少ないのが特長になります。 格安SIMは大手キャリアの通信回線を借りていることが多いですが、その通信回線は有限なので、実はサービスを契約しているユーザーが増えると通信速度が遅くなるというデメリットがあります。

一方、J:COM MOBILEは現在時点で契約しているユーザー数が他の格安SIMより少ないため、どの時間も通信速度が安定しやすいことが魅力です。 また、格安SIMでは、契約後の端末設定を自分でしなければならないなど、大手キャリアとは異なるやり方で契約する必要があります。

これらは、これまで長く大手キャリアを利用してきた方や、スマホに詳しくない方にとってはハードルが高いと感じる部分もあると思われます。 そんな時、J:COM MOBILEでは、自宅に訪問して端末設定などをしてもらえるサービスを提供しています。設定に不安な時にも安心ですよ。

以上のような点から見ると、J:COM MOBILEは使いやすい格安SIMサービスといって差し支えないでしょう。

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

J:COMの申し込みはこちらから

大手キャリアからJ:COM MOBILEへの乗り換えの流れ

J:COM MOBILEへの乗り換えは、多くの格安スマホ乗り換えの手順と同様です。

MNP予約番号(新規契約時は不要)を発行する

利用している電話番号を、J:COM MOBILEでもそのまま引き継ぎたい方は、MNP予約番号の取得が必要となります。
MNP(携帯電話番号ポータビリティ)とは、今利用中の電話番号を変えずに他社に乗り換えること。MNPを行うには、「MNP予約番号」が必要となります。
利用中のキャリアへ「MNP予約番号」を発行する手続きをしましょう。

本人確認書類の用意

運転免許証やパスポートなど、本人確認書類が必要となります。
ネットで申し込んだ場合、新規で契約した商品を自宅などで受け取る際も、配達員による本人確認が必要となるので、同じ書類を準備して下さい。
商品のお受け取りは契約者本人のみで、家族や代理人の受け取りはできないので気を付けましょう。

本人名義のクレジットカード

J:COM MOBILEの料金支払いは、原則クレジットカードのみ。本人名義のクレジットカードの用意をしておきましょう。

フリーメールアドレスの準備

格安SIMに乗り換えるということは、docomoやau、ソフトバンクを解約することになりますので、携帯会社が用意しているキャリアメール(@ezweb.ne.jpなど)は利用できなくなります。
そのため、格安SIMを利用する際には必ず1つフリーメールアドレスを準備しておきましょう。

J:COM MOBILEへ乗り換えた時の変更点

毎月の携帯料金と合算して請求される買い物手段で、財布を出さずにサッと会計できて便利な「キャリア決済」。
ちょっとした支払いの時にクレジットカード番号を入力する必要がなかったりして、便利ですよね。

ドコモは「ドコモ払い」、auは「auかんたん決済」、ソフトバンクは「ソフトバンクまとめて支払い」などといった名称でサービスを提供しています。

キャリアメールというのは携帯会社が用意してくれるメールアドレスのことで、ドコモは「@docomo.ne.jp」、auは「@ezweb.ne.jp」、ソフトバンクは「@softbank.ne.jp」といったアドレスになります。
現在大手キャリアをお使いの方、お使いだった方も多いと思うので、馴染みがあるのではないでしょうか。
このページに辿りついた方は、ケーブルテレビのJ:COMが提供する携帯サービス・J:COM MOBILEに対して興味を持ち始めた方であろうと思います。

そこで、ここでは、J:COM MOBILEへ乗り換えた場合「上記のようなキャリアメールはそのまま使える?」「アドレスは変わってしまう?」「今までのキャリア決済は使えるの?」といった疑問をお持ちの方に向けて、一つ一つ解説していきます。

J:COMでキャリアメール・キャリア決済は使える?

結論から言いますと、残念ながら、今まで大手携帯会社(ドコモやauなど)で使っていた、キャリア決済やキャリアメールはJ:COM MOBILEでは使えなくなります。

それは、キャリア決済やキャリアメールが携帯会社固有のサービスのためで、J:COM MOBILEに限らず携帯会社を乗り換えるとそれらは使えなくなるのが普通です。

そのため、新しい携帯会社のキャリア決済やキャリアメールを使うことになるのですが、実はJ:COM MOBILEは大手携帯会社ではなく格安SIM会社であるため、キャリア決済やキャリアメールを提供していません。

携帯会社固有のサービスであるキャリアメール・キャリア決済が利用できなくなるのは、どこの格安SIM会社へ乗り換えてもほぼ避けられないことです。
しかし、代替手段はあるので、J:COM MOBILEへ乗り換えてもそれほど不便は感じないでしょう。

代替手段については次項から説明していきます。

キャリア決済の代替手段

解決方法としては、まず、J:COM MOBILEはキャリア決済には対応してないので、一般的な決済サービスを利用すること。

現在は「バーコード決済」や「QRコード決済」が広く普及しているので、それらを利用するのがいいでしょう。 バーコード決済、QRコード決済には、楽天Payや、LINE Pay、PayPayなどがあるので、自分が利用しやすいものを選んで利用してみて下さい。

J:COM MOBILEでキャリアメールは使えない

残念ながら、格安SIM会社であるJ:COM MOBILEは、キャリアメールと同じようにキャリア決済を利用することは出来ません。
代わりに、Gmailなどに代表されるフリーメールを利用するのがおすすめです、

近年はLINEが普及していて、メールをプライベートで使うことが少なくなったのではないでしょうか?
何かの会員登録などにしか使わないのであれば、フリーメールで十分といえます。

キャリアメールからフリーメールに変更すると、特定の携帯会社に縛られず、今後お得なプランを打ち出していく携帯会社に乗り換えたとしても、メールアドレスはGmailのまま変わりません。
スマホやPCどちらからでも確認が出来て便利ですよ。

フリーメールへの移行方法

例えば、auからJ:COM MOBILEへ乗り換える方なら、今のうちにメールは移行しておくのがおすすめです。
auを解約すると、auでのメールアドレスは基本使えなくなるので、auを契約しているうちにメールアドレス変更の連絡や会員情報変更の手続きをしておきましょう。

手順1:フリーメールアドレスの取得
フリーメールの種類は色々ありますが、android端末の方はセットアップでGmail取得するのでそのままGmailを使うのがよいでしょう。
iPhoneの方もGmailがおすすめです。

手順2:友達への連絡
Gmailはフリーメールなので、相手によっては設定によりブロックしている可能性があります。
auなどを解約する前に、連絡を済ませましょう。
また、会員登録にキャリアメールを使っている場合は、予めフリーメールへの変更作業をしておくとよいですよ。

手順3:J:COM MOBILEへの乗り換え
友達への連絡や登録変更を済ませたら、スマホをJ:COM MOBILEへ乗り換えましょう。
auなど今までの携帯会社を解約する時は、更新月以外に行うと高額な解約金がかかるので、更新月をチェックしてから行うのがおすすめですよ。

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

J:COMの申し込みはこちらから

大手キャリアと比べてどのくらい安くなるのか

MMD研究所がスマートフォンを利用している全国の15~69歳の男女15,000人を対象に実施した調査によると、月々の携帯料金の支払いの平均金額は「大手3キャリア(docomo、au、Softbank)が8,312円、格安SIMは4,424円」というデータが出ています。

出典:MMD研究所

現状、契約しているプランなどによって人それぞれ変わるものの、格安SIMを利用しているだけで半額分の料金を抑えられているということですね。
試しにJ:COM MOBILEで新規端末(iPhone SE)購入、27歳以上、通信容量5GB、端末支払い回数48回などの条件でシミュレーションしてみると、端末代込みで月額3,030円で利用できるとの結果でした。

端末は購入せず、SIMカードのみの同条件下では、なんと月々1,380円。

年間で見ると、大手キャリアでは携帯料金が約10万円かかってしまうのに比べ、大幅に安く抑えられるのは明らかですね。

JCOMモバイルのU26学割キャンペーン

2021年2月18日から開始されたJCOMモバイルのU26学割(第二弾)は、26歳以下の方が一人でもいれば同居の家族も対象になり、最大5回線まで割引が適用されるお得なキャンペーンです。

▼JCOMモバイルのU26学割キャンペーンを確認する

JCOMモバイルのU26学割の適用条件

U26学割キャンペーンは、就学児(小学1年生〜)以上、26歳以下(27歳の誕生日前日まで申し込み可)の方が対象です。そして2021年2月18日〜2021年5月31日の間に「JCOMモバイルAプランST(音声とデータ)5GB以上」に申し込む、あるいは移行するとU26学割が適用されます。

対象のデータ容量については①5GB、②10GB、③20GBの3点です。また、具体的な割引額は下記の内容になります。

①5GBの割引額
500円(税込550円)×12ヶ月=6,000円(税込6,600円)割引

②10GBの割引額
700円(税込700円)×12ヶ月=8,400円(税込9,240円)割引

③20GBの割引額
800円(税込880円)×12ヶ月=9,600円(税込10,560円)割引

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

J:COMの申し込みはこちらから

JCOMモバイルのU26学割のポイント5点

U26学割キャンペーンのメリットは全部で5つあるので、それぞれのポイントを紹介していきます。

5GBなら初めの12ヶ月は月額980円で使える!

U26学割キャンペーンを5GBで契約した場合、初めの12ヶ月分の月額料金が通常1,480円(税抜)のところ980円(税抜)で使用できます。もはや1,000円を切るところは驚異的なキャンペーンと言えます。

iPhone SEなど豊富なラインナップの中から選べる
U26学割キャンペーンの適用端末は、iphone SE(第二世代)とiphone7、AndroidならGalaxy A21やGalaxy A20、AQUOS sense3、BASIO4、そして格安SIMと幅広く該当します。それぞれバッテリー重視・多機能重視・高画質重視など用途が分かれているため、自分に合った端末を選択可能です。

26歳以下の人がいれば家族全員でお得!
U26学割は家族全体にも影響します。実は26歳以下の方だけが適用されるわけではなく、26歳以下の方がU26学割を使っていた場合、27歳以上の方も割引料金で使用することができます。ただし、適用は1世帯につき5回線までで、同じ住所・同じ支払いであることが必要です。
家族にU26学割を使っている方がいるなら、お得な割引額にするためにJCOMモバイルにしましょう!

10GBと20GBなら速度制限を受けても速い
動画視聴やオンラインのゲームなどでデータ容量を使いすぎてしまったとき、速度制限を受けてしまい、楽しんでいたインターネットが急に遅くなってしまったことはありませんか。そんなとき、JCOMの10GBあるいは20GBのプランに入っておくと、速度制限にかかっていても1Mbpsの速さでインターネットを楽しめます。
1MbpsもあればメールやLINE、SNS(Facebook、Twitter、Instagram)は難なく繋がるはずです。大きなファイルをダウンロードするときは少々時間がかかるかもしれませんが、速度制限によって全くインターネットができなかった方にとっては非常に助かります。

余ったデータ容量は繰り越しが可能
設定したデータ容量が余ってしまった場合、翌月にデータを繰り越すことができます。例えば、月間データ容量5GBの中で3GBを使用して2GBが余ってしまったときは、翌月に5GBに2GBがプラスされて7GBまで使うことができます。また、余ったデータ分は翌月末まで使用可能です。

JCOMモバイルのU26学割に申し込みたい場合

JCOM加入者の方、未加入者の方どちらでもWEBで申し込むことができます。申し込む際には事前に必要なものがありますので、下記を参考にしてください。

・本人確認書類
運転免許証や日本国パスポート、マイナンバーカード、在留カード特別永住者証明書などの本人確認書類が必要です。

・本人名義のクレジットカード
JCOMモバイルの料金の支払いは原則クレジットカードのみとなっています。また、使えるカードはVISA、Mastercard、JCBなど対象のマークがついているものになります。対象マークのカードをお持ちかどうか、下記のURLをクリックして「お支払について」の項目をご確認ください。

▼ご利用までの流れを確認する

・年齢確認書類
利用者の氏名・生年月日が分かる書類(学生証、免許証、保険証、マイナンバーカードなど)が必要です。

・MNP番号の取得
他社スマートフォンから乗り換える場合は、MNP番号の取得が必要になります。このMNPとは、今使っている携帯の番号を変えずに他社に乗り越えることを指します。MNPには予約番号が必要で、まず現在契約している携帯電話会社に赴きMNP番号を取得してください。 その後、JCOMでMNPの転入手続きを行います。

まとめ

ここまで、J:COM MOBILEの特長や口コミから見えてきたメリット・デメリット、U26学割キャンペーンを紹介してきました。

J:COM MOBILEは他の格安SIMに比べて、どの時間帯でも通信速度が安定しやすいことや、自宅に訪問して端末設定などをしてもらえるサービスを提供しているのが強みです。 そのため、他の格安SIMを使っていて通信速度に不満があるという方や、格安SIMの面倒な端末設定に不安がある方にはオススメです。
最近では新型コロナウイルスの感染対策から、遠隔サポートにも力を入れているので、自分一人で設定するのは不安だけど対面は控えたい、という場合でも安心ですよね。 格安SIMのメリットである月々の料金や端末料金が安くなることに加え、J:COM MOBILE独自のサービスも多く提供しているJ:COM MOBILE。 格安SIMへの乗り換えを考えている方は、ぜひJ:COM MOBILEも選択肢に入れて検討してみてはいかがでしょうか。

料金面でも、大手キャリアからJ:COMモバイルに乗り換えると、月額料金が大幅に安くなることを実感できるはずです。

また、学生や新社会を応援する意味も込められているU26学割キャンペーン。割引額はもちろんですが、26歳以下の方が一人でもいれば家族も合わせて割引になるというシステムは素晴らしいです。この機会にぜひJCOMに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

 

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

J:COMの申し込みはこちらから

 

-J:COM