ドコモ光!損しない為の必見ポイント徹底解説

ドコモ光とは

ドコモ光は、現在700万契約を突破したNTT docomoの人気サービスであり、NTT docomoがフレッツ光とプロバイダを合わせて提供するブロードバンドサービスです。
簡単に言えばドコモの光コラボのことです。

最も重要な通信速度に関してですが、ドコモはフレッツ光と同じNTTグループであり、フレッツ光のインターネット回線をそのまま使用しているので高速通信であることが信頼できます
もし、現在フレッツ光などのドコモ光以外のネット回線を利用している場合、インターネット利用料金の請求がインターネット回線会社とプロバイダ会社の2つから請求されていると思いますが、これをドコモ光に変えることで、請求がNTTドコモ1つにまとまり、より簡潔になります。
また、フレッツ光からドコモ光へと乗り換える場合は、設備をそのまま使えるので基本的に工事が不要です。
さらに、固定電話の番号をそのままにしてドコモ光に乗り換えることもできます。

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

ドコモ光の申し込みはこちらから

ドコモ光の料金プラン

先ほど説明した通り、ドコモ光の料金は、インターネット料金とプロバイダ料金の一体型です。
インターネット利用料金の構成は「ドコモ光の料金」、「オプション料金」、「光セット割」で構成されています。
「ドコモ光の料金」と「オプション料金」を合わせた額に「光セット割」で割り引いた金額が請求される利用料金になります。
インターネット料金は、
戸建で月額 5,720円(税込)
マンションで月額 4,400円(税込)であり、
フレッツ光と比べて月1,870円ほど安くなります。

料金構成を見て分かる通り、無駄なオプションをつけなければかなり安い料金でインターネットを利用できます。
このように、ドコモ光は非常に魅力的なサービスですが、ドコモ光に申し込みできるのはドコモの携帯電話を契約している人のみであるので、注意が必要です。

※1 ドコモ光タイプA(2年定期契約あり)の場合。ドコモ光のご利用料金は、NTTドコモより請求いたします。この料金にGMOとくとくBBのプロバイダー料金(接続アカウント、メールアドレスなど)が含まれております。

※2 Wi-Fiルーターは通常月額330円(税込)でのご提供ですが、ドコモ光タイプA接続サービスでプロバイダーはGMOとくとくBBをお選びいただいた場合、月額0円でご利用いただけます。

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

ドコモ光の申し込みはこちらから

ドコモ光の光セット割とは

光セット割は、戸建かマンションか、また利用形態によって異なりますが、
戸建で月500~3,200円
マンションで月500~3,000円安くなります。
さらに、光セット割は、ドコモを契約している年数に応じて割引額がお得になる「ずっとドコモ割」と併用することでさらにお得になります。
戸建で800~5,700円、マンションで800~5,500円安くなります。

ドコモ光の割引適用

今ではすっかり当たり前の存在となったインターネットですが、新たにネット回線を導入する際、どのプロバイダを利用するかは非常に重要な問題です。
ドコモ光は、その名の通り、docomoが提供しているインターネット回線サービスで、より快適で使いやすいネットライフのために、独自のサービスを提供しています。
ドコモ光の特徴は、やはりスマホと合わせて使うと便利なサービスが充実していることでしょう。
例えばdocomoのスマホを同時に使用するドコモ光セット割では、永年毎月最大1,100円のスマホ代の割引が適用されるようになります。
ドコモ光を利用した方の評判を見ると、やはり値段の安さに注目している方が多く、通信費の削減に大いに役立ったと評価しています。
家族でdocomoのスマホを使用している場合は、さらに料金を安くすることが出来ますし、生活スタイルに合わせて通信用量を共有化するプランを選んだりと、細かく契約内容を変えられるのも魅力的な点として評価しています。
ネット回線についても、速度が速く、ストリーミング動画の閲覧をはじめ、多くの容量をはり取りする作業もスムーズに行うことが出来るなど、おおむね高い評価を得ています。

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

ドコモ光の申し込みはこちらから

ドコモ光のプロバイダー

ドコモ光では多くのプロバイダから選ぶことも可能ですが、独自にドコモnetというプロバイダも用意しています。
新規工事が必要な場合は、大体2万円前後で工事することが出来るそうですが、現在初期費用が無料になるキャンペーンをはじめ、過去に他のプロバイダでフレッツ光を使っていた場合は、その回線を再利用することができるので、条件次第では工事費を無料にすることが出来ます。
そのほかにもネット環境にまつわる悩みを解決してくれるサートオプションをはじめ、様々なサービスを提供しているので、初めてネット環境を用意するという方も、安心して利用することができるでしょう。

ドコモ光のDポイントとは

ドコモ光に関連するサービスとして、特に注目したいのがDポイントです。
Dポイントはドコモが提供しているサービスを利用することで得られるポイントで、様々な目的に利用することができます。
例えば提携しているショップでお買い物を楽しんだり、月々のケータイ料金の支払いに使用したりと、様々な商品やサービスの支払いに使用することが出来るので、想像以上に多くの負担を軽減してくれます。
更にドコモ光に新規契約すると、多くのDポイントがもらえるキャンペーンも実施しているので、契約するタイミングによっては、更にお得にDポイントのサービスを活用することが出来るでしょう。

ドコモ光のオプションサービス

ドコモ光のサービスは、オプションサービスを利用することで、更に便利に使うことが出来るようになります。
例えばドコモ光電話は、光回線を電話回線として利用することで、別途に電話回線を用意して、料金支払いを無くすことが出来ます。
ドコモ光電話の使用量は月額550円(税込)ほどなので、月々の固定電話料金を大きく節約することが出来るはずです。
電話番号や電話機もそのまま使えるので、面倒な準備が一切いらないという点も見逃せません。

まとめ

インターネット回線を提供している企業は多くありますが、どれも優れたサービスを提供しているので、どこが一番優れているかは、人によるというのが正直なところです。
ドコモ光も、家族構成や使用しているスマホなど、条件次第ではお得になるサービスが制限されてしまうので、人によっては他の回線を使ったほうがよいでしょう。
逆に言えば、docomoのスマホを家族で使っている人にとっては、利用しない手は無い驚くほどお得な回線といえるので、新たにネット回線を用意する際は、自分に合うかどうか詳しくサービスを確認することが非常に重要です。ドコモ光では宣伝も積極的に行っており、テレビでも多くのCMを目にすることが出来ます。ユニークな内容のものも多く、見る人を楽しませてくれるので、興味がある方はそちらもチェックしてみてください。

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

ドコモ光の申し込みはこちらから

ドコモ光には様々なサポートサービスやオプションサービスがあります。数が少し多くわかりづらいので、詳しく説明します。

ドコモ光の提供エリア

まずは、ドコモ光の提供エリアについて詳しく説明していきます。
ドコモ光はフレッツ光の回線を使用しているため、提供エリアはフレッツ光と同じ全国展開です!

NTT東日本

北海道エリア 北海道
東北エリア 青森県、宮城県、岩手県、山形県、秋田県、福島県
甲信越エリア 新潟県、長野県、山梨県
関東エリア 東京都、茨城県、神奈川県、栃木県、千葉県、群馬県、埼玉県

 

NTT西日本

北陸エリア 石川県、富山県、福井県
東海エリア 愛知県、静岡県、岐阜県
近畿関西エリア 大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、兵庫県、三重県、和歌山県
中国エリア 岡山県、島根県、鳥取県、広島県、山口県
四国エリア 愛媛県、香川県、高知県、徳島県
九州エリア 大分県、鹿児島県、熊本県、佐賀県、長崎県、福岡県、宮崎県
沖縄エリア 沖縄

上記の表を見てわかる通り、47都道府県全てがドコモ光の提供エリア内となっています
ちなみにエリア内でのカバー率はNTT東日本、NTT西日本どちらも90%を超えているんだとか。

ただし、山間部など一部には行き届いていない場所もありますし、マンションなどの集合住宅ではフレッツ光の設備が導入されていない場合もあります。
その場合は、利用できませんのでご注意ください。

ドコモ光のサービス提供エリアを確認する3つの方法

ドコモ光は、電気通信会社「NTT」がサービスを提供しています。

NTTは東日本と西日本に分かれていて、それぞれ確認する方法が少し異なります。

それを踏まえて、提供エリアの3つの確認方法を見ていきましょう。

以下をご覧ください。

公式サイトで確認する。

②NTT東日本/西日本へ直接電話をかけて確認する。

①公式サイトで確認する。

1つ目は公式サイトで確認する方法です。
東日本にドコモ光設置予定の場合はこちら、西日本にドコモ光を設置予定の場合はこちらでご確認ください。

NTT東日本/西日本へ直接電話をかけて確認する。

2つ目は、NTT東日本/西日本へ直接電話をかけて確認する方法です。
NTTの問い合わせ窓口に電話して、自宅の住所が提供エリアに含まれているかを確認しましょう。
電話番号は、以下をご覧ください。

0120-116-116
※9:00~17:00 土日祝日も受付(年中無休)

電話の場合、東日本も西日本も同じ電話番号から、提供エリアを確認することができます。
よくわからない方は、とりあえず電話をしてみるのも良いでしょう。

ただ、受付時間が短い上に土日祝日は回線が混雑している可能性が高いので、働いている人にはなかなかタイミングが合わないかもしれません。

公式サイトでのエリア確認なら24時間いつでもすぐに判定結果が分かるので、WEBから確認するほうがおすすめです。

 

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

ドコモ光の申し込みはこちらから

ドコモ光の申し込み方法

申し込み方法は2種類

ドコモ光には、公式からの申し込み方法とプロバイダからの申し込み方法があります。
2種類の申し込み方法の内容はどのように違うのか確認していきましょう。

・公式から申し込む場合
お申し込みの前にドコモ光の提供エリアを確認しましょう。ドコモ光はフレッツ光の提供エリアに準じます。
東日本にドコモ光設置予定の場合はこちら、西日本にドコモ光を設置予定の場合はこちらでご確認ください。

・プロバイダから申し込む場合
プロバイダから申し込む場合は公式のキャンペーンにプラスして、プロバイダ独自のキャンペーンも受け取れるというメリットがあります。
キャンペーンやキャッシュバックを利用しておトクに契約したいという方はプロバイダからのお申し込みをおすすめします!

申し込み手順

①エリア確認

利用するエリアによって契約内容が変わってくるため、エリアの確認が必要になります。

②ドコモ光に申込

公式サイトからの申し込み、各プロバイダサイトからの申し込みと2種類の申し込み方法があります。各プロバイダサイトからのお申し込みの場合は公式のキャッシュバック+プロバイダのキャッシュバックがもらえるのでおトクに申し込みたい方はプロバイダサイトからのお申し込みをオススメします!

③契約内容の確認や工事日程の調整

お申し込み後に担当オペレーターから電話がかかってきます。契約内容の確認や工事日程の決定ですが、場合によっては工事日程の調整はドコモ側から電話が来るのではなく、お客様側からかけるというパターンもあるようなので契約確認の電話がかかってきた際にオペレーターにちゃんと確認しましょう。

④開通工事後に利用スタート

口コミを見る限り工事にかかる時間は約30分から1時間ほどです。ただ、それ以上かかる場合ももちろんあるので時間に余裕のあるときに工事日は設定することをおすすめします!

ここまでで「申し込みから開通までの手順はわかったけれど、結局どこから申し込もう…」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
そんな方にオススメな申し込み方法がドコモ光公式プロバイダサイトからのお申し込みです!
GMOとくとくBBはドコモ提携プロバイダとなっており、新規お申し込みで20,000円のキャッシュバックや、戸建ての場合は工事費が無料など多くのメリットがあります。
また、他プロバイダと比べて速度も速いためストレスなくインターネットを利用することができます!

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

ドコモ光の申し込みはこちらから

ドコモ光のおすすめサポート・オプション解説

ドコモ光のサポート・オプションを解説!ひかりTVって?

あらゆるトラブルに対応!「ネットトータルサポート」

「ネットトータルサポート」というのは通信に関わる機器(別途指定、パソコン、テレビなど)「インターネットに接続できない」といったよくあるトラブルはもちろん、「機械が動かなくなった」とか、「使い方がよくわからない」といったトラブルにも電話で対応していただけるサービスです。
また、そのような電話によるサポートだけでなく、機械の修理や、訪問サポート、データの復旧や機械の買い取り、オンラインパソコン教室もあります。
また、その機械というのは、購入店や製造メーカーを問いません。
なので、幅広いジャンルの機械をサポートしていただけます。月額使用料は500円で、初回31日間は無料となっています。

他オプションと対応!「ドコモ光ルーター 01」と「光ルーターセキュリティ」

「ドコモ光ルーター 01」はドコモが提供するルーターで、「ネットトータルサポート」や後述する「光ルーターセキュリティ」と併用することで、インターネットの設定に困ったときワンタッチでオペレーターが遠隔設定をしてくれたり、搭載されているトレンドマイクロ社製のセキュリティソフトによって家庭のネットワーク機器を守る機能(セキュリティ機能)や、お子さんの有害サイトなどのアクセスをブロックする機能(ペアレンタルコントロール機能)を利用できたりします。
価格の方は、「ドコモ光ルーター 01」が単品購入で税込み9,590円、「光ルーターセキュリティ」は月額使用料が350円で、初回31日間は無料となっています。

固定電話よりおトクに!「ドコモ光電話」

「ドコモ光電話」とは、ドコモ光の回線を使った固定電話サービスです。
固定電話からこちらにするメリットとして基本使用料・通話料が固定電話より安いという点があります。
例えば、固定電話は1級取扱所・ダイヤル回線・住宅用で毎月1,450円(税抜)なのに対して、ドコモ光電話は毎月500円(税抜)で済みます。
また、通話料も固定電話では3分に対し8.5円から80円かかるのに対し、ドコモ光電話では3分につき一律8円となりおトクです。固定電話をもっている方は特にドコモ光契約時に一緒に契約することを勧めます。
電話機や電話番号もそのまま使うことができます。また、スマホを子機として使用できる点も便利です。

アンテナ不要でスカパーやひかりTVも!「ドコモ光テレビオプション」

「ドコモ光テレビオプション」とはドコモ光の回線を利用してテレビ接続するサービスです。
アンテナや専用端末を使うことなくデジタルやBSを見ることができます。月額利用料金660円(税抜)のほかに別途工事料がかかりますがスカパーと同時契約することでスカパーの登録料や基本工事料が実質無料に、テレビ接続工事料も3台までは無料になります。
スカパーの月額はコースによって2,100円から4,200円くらいです。
また、別途契約で「ひかりTV」というものを見れるようにできます。
「ひかりTV」とは、ドコモ光や光回線を使って50チャンネル以上の専門チャンネルをハイビジョン画質で見られるというサービスです。
こちらの月額使用料は2,500円、にねん割で3か月~24か月の間は1,500円になり、そのほか初期費用は0円、月額使用料も最大2か月無料となっています。
また、月額500円で、1チャンネルを見ながら2チャンネルを録画できるトリプルチューナーをレンタルできます。

「ドコモ光テレビオプション」を契約するとき、CSも見たい!という方は料金・サービスの面からひかりTVをオススメします。

まとめ

さまざまなサポート・オプションサービスを紹介してきましたが、どれも便利なサービスとなっています。
しかし、この全てを契約すると料金がとんでもないことになってしまいますので、自分の必要に応じたサービスを選択しましょう。

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

ドコモ光の申し込みはこちらから

固定電話をお得に利用できるドコモ光電話

固定電話をお得に利用できるドコモ光電話

電話番号はそのまま今までと同じものが利用できる

ドコモ光電話に加入する場合、NTT東西の固定電話やひかり電話で利用中の電話番号や電話機を基本的にそのまま利用することができ、また、新しい電話番号に変更することもできますので、電話番号の取り扱いは気楽にできます。

請求書や問い合わせ先は一本化

固定電話の利用料を、ドコモ光と請求書を一本化することができます。
ドコモ光電話はドコモ光の付帯サービスとして扱われるので、基本的な料金はドコモから請求されるため管理しやすくなります。
また、問い合わせもインターネットはドコモ光に、電話はNTTにといった従来の状態だと、どちらに問い合わせをすればいいのかわからないケースがでてきます。
ドコモ光電話ならドコモに一元化することで問い合わせ先は一つだけなので非常にわかりやすくなります。

ドコモ光電話のプランは2種類

ドコモ光電話のプランには安くてシンプルなドコモ光電話と様々なオプションがついているドコモ光電話バリュー2つがあります。
ドコモ光電話は、月額500円で固定番号をそのまま使えるプランです。
そして、ドコモ光電話バリューは、月額1,500円で480円分の通話料無料サービスと6つの付加サービスが含まれます。
その6つのサービスとは、通話中着信、転送電話、発信者番号表示、ナンバー・リクエスト、迷惑電話ストップサービス、着信お知らせメールです。

この6つのサービスを詳しく説明します。

6つのサービス

「通話中着信」→ 通話中に他から着信があった場合に、フックボタンを押すだけで、その通話を保留状態にしたまま後からかけてきた方と通話ができます。

「転送電話」→ 通話着信をあらかじめ指定した電話番号へ転送するサービスです。

「発信者番号表示」→ かけてきた相手の電話番号を、電話に出る前に電話機のディスプレイに表示します。

「ナンバー・リクエスト」→ 電話番号を通知しないように電話をかけてきた相手に対して、「電話番号を通知しておかけ直しください」と音声メッセージで応答するサービスです。

「迷惑電話ストップサービス」→ 電話番号を通知しないように電話をかけてきた相手に対して、「電話番号を通知しておかけ直しください」と音声メッセージで応答するサービスです。

「着信お知らせサービス」→ 契約回線に着信があったことを、あらかじめ設定しておいたパソコンや携帯電話のメールアドレスへ知らせます。

ドコモ光電話で利用できるサービス

上記であげた6つのサービスと、そのほかにも利用できるオプションサービスとしてダブルチャンネル追加番号のサービスがあります。
ダブルチャンネルとは、ドコモ光電話の契約において、1契約で2回線分の同時通話ができるサービスです。
月額使用料200円で利用することができます。
追加番号とは、ドコモ光電話番号とは別に、4つの電話番号を追加することができ、最大5つの電話番号を利用できるサービスです。
月額使用料100円で利用することができます。

まとめ

ドコモ光電話は、電話番号を基本的に今までと同じものが利用できたり、請求を一本化できたりと利点が多い一方、停電の時は電話が使えないというデメリットはありますが、固定電話として優れたサービスです。
固定電話は置いているだけという方はドコモ光電話プラン、迷惑電話対策や大事な電話を逃したくないという方は、ドコモ光電話バリューをおすすめします。

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

ドコモ光の申し込みはこちらから

DAZN for docomoの利用方法

DAZN for docomoは多くのコンテンツを低価格で楽しむことができる

DAZN for docomoとは

DAZN for docomoとは、スポーツ動画配信サービスDAZNがドコモとコラボしたサービスです。
サッカー、野球、バレーボール、モータースポーツなど国内外130以上、年間6000試合以上のスポーツ映像が見放題になります。
ドコモをご利用中のお客様ならDAZNが安く使えることが最大のメリットとなっていて、通常月額1750円の利用料が月額980円になります。
DAZNとDAZN for docomoの違いは料金だけで、コンテンツやサービスに違いはありません。
すでにDAZNの会員の方がDAZN for docomoに切り替えたい場合は、まず一度DAZNを解約してからDAZN for docomoのサイトにアクセスし、登録手続きをおこなう必要があります。
切り替えの場合でも1ヶ月の無料お試し期間が使えます。

dTVとセットでさらにお得

DAZN for docomoはドコモが力を入れているだけあって、充実した内容になっていて、スポーツ好きにはたまらない動画配信サービスです。初回申し込み時は、31日間無料です。
月額500円で映画、ドラマ、アニメが見放題のdTVとセットなら、合計金額から200円引きされるので、月額1280円で両方を利用できます。
DAZN for docomoはスマートフォンやタブレットはもちろん、パソコンやテレビなどのデバイスにも対応し、好きなときに好きな場所でスポーツ観戦ができます。
同時視聴は最大2台まで可能なので、リビングでサッカー観戦をしながら、もう一人は別な部屋で野球観戦といったこともできます。

DAZN for docomoの支払い方法

DAZN for docomoはドコモ契約者であればWeb、ドコモショップ、電話で申し込みが可能です。
DAZN for docomoの支払い方法は、ドコモを利用中の方は、携帯電話料金との合算払いになります。
この場合はクレジットカードを持っていなくても銀行口座からの引き落としが可能なので、クレジットカードを作れない方や、持ちたくないユーザーにとってはとても便利でしょう。
DAZN for docomoの月額料金に対しても、1000円につき10ポイントの付与率でdポイントが付与されます。
dカードゴールドを契約されている方は、1000円につき100ポイントが付与されます。

3つの視聴形式で楽しめる

DAZN for docomoは試合の模様をライブ動画で視聴できるライブ視聴の他に、試合の途中でも最初から視聴できる見逃し配信、試合のハイライト動画を短時間で視聴できるハイライト視聴を楽しめます。
見逃し配信の期間はライブ配信後1ヶ月程度なので、仕事で見逃してしまったり、いい試合だったのでもう一度じっくり見たいといったときに楽しむことができます。
ハイライト動画は3~5分にまとめられているので、忙しいときやたくさんのスポーツをチェックしたいときに便利です。
それぞれの家庭のインターネット環境にもよりますが、光回線を利用すれば推奨回線速度を満たすことがほとんどなので、画質や動きは問題ないレベルになっています。

多くのコンテンツを低価格で楽しめる

DAZN for docomoは地上波放送に比べてコンテンツが多く、あまり見ることができないスポーツも配信されているのが大きなメリットです。
サッカーであればJリーグだけでなく、ヨーロッパのリーグなどを見ることができますし、地上波ではあまり放送されていないモータースポーツやフィッシング、ビリヤードやダーツなども見ることができます。
BSやCSでの有料放送で同様のコンテンツを見ようとすると月額料金がかなりかかってしまいますので、DAZN for docomoがとてもお得であることがわかります。

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

ドコモ光の申し込みはこちらから

ドコモ光とフレッツ光の評判・口コミ・比較

ドコモ光とフレッツ光、どっちがいいの?

現在ドコモの携帯電話回線を契約している方には、盛んに勧誘される「ドコモ光」はとても気になるサービスだと思います。
ですが通信速度や通信方式などをアピールされても、さっぱりわからない、たくさん種類があるけど、そもそもプロバイダーって何だ?という方も多いでしょう。
そのため、けっきょく今までのフレッツ光回線を利用している、という方も当然たくさんいらっしゃるでしょう。

ここでは、結局ドコモ光とフレッツ光のどちらを選べばいいのか、その判断材料となるだろう情報を紹介、比較していきます。

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

ドコモ光の申し込みはこちらから

フレッツ光とドコモ光

光回線を導入しようと思った時にキャンペーンですすめられてフレッツ光に入ったという方も多いのではないでしょうか。
また、NTTの知名度や安心感からフレッツ光を選んだという方もいるでしょう。
光回線が登場して、つい少し前までは光といえばフレッツ光が主流でした。
しかし、現在では光回線事業には多くの業者が乗り出し、様々なサービスを提供しています。
ドコモ光も新たに参入してきた業者です。どちらも同じNTTなのに何が違うの?と思われる方もいるかと思います。
フレッツ光を運営しているのはNTT東日本・NTT西日本になりますが、ドコモ光はNTTドコモが運営しています。NTTドコモ自体がNTTの子会社ではありますが、フレッツ光とドコモ光はまったく異なるところが運営していると思っていただければいいでしょう。
運営会社が違うため、提供しているサービスにも違いが見られます。
その違いを知っておくと新たに光回線を導入しようかと考えている方や乗換えを検討している方に役に立ちます。

フレッツ光とドコモ光の違いとは?

フレッツ光とドコモ光はNTTの系列会社ではあるものの運営は異なるということを説明しました。
では、使っている光回線もまったく別のものなのかというと、実は回線自体は同じ物を使用しています。
これはNTT東日本・NTT西日本が所有しているフレッツ光の回線を他の事業者へ貸し出す「光コラボレーション」に事業者としてドコモ光も参入しているからです。
光回線が導入された当初、フレッツ光は個人客の集客に力を入れていました。
しかし、現在ではそれだけでなく他の事業者に自社が持っている光回線を貸し出す「光コラボレーション」によって利益を得られるようになったのです。
光コラボレーションにはドコモと同じ携帯キャリア大手のソフトバンクが運営するソフトバンク光などもあります。
同じ回線を使っているということで、フレッツ光とドコモ光の通信速度はどちらも変わりません
しかし、使用しているプロバイダや利用時間帯などの影響で速度は大きく変わるので、回線が込み合っているとスムーズにインターネットが楽しめないということもあります。
次に、料金体系の違いがあります。フレッツ光の契約は回線のみでプロバイダは別に契約しなければいけません。
そのため、回線使用料をどれだけ抑えてもそれに加えてプロバイダ使用料が加算されるのでどうしても金額が高くなってしまいます。
一方、ドコモ光は回線とプロバイダがセットになっているため月額使用料の中にそれらが含まれています。
トータルで見ると使用料金ではドコモ光のほうが安く利用できるでしょう。月額使用料がフレッツ光より安くなるというのはドコモ光に限ったことではありません。
光コラボレーションに参入している業者数は700を超えると言われています。
しかし、もしドコモのスマートフォンを利用しているという方は、ドコモ光を利用すればお得な割引きの適用ができるのでおすすめです。
家族で利用している場合でも1人で利用する場合でもパックによって割引き額は異なりますがお得に利用できます。
一方、フレッツ光ではドコモのスマートフォンを利用していてもこうした割引きサービスを受けることはできません。
更にもう1点違いがあるとすれば、キャッシュバックキャンペーンの有無です。フレッツ光は以前はかなり大々的にキャッシュバックキャンペーンを行っていましたが、現在では個人向けのキャンペーンはほとんどありません。
一方のドコモ光では代理店にネットで申し込むとキャッシュバックを受けられるキャンペーンを実施しているところがあります。
高額なキャッシュバックを狙いたいと言う場合にはドコモ光を選ぶのもよいでしょう。

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

ドコモ光の申し込みはこちらから

料金の比較

まず利用者のみなさんが気になるのは、料金の違いでしょう。
基本的な毎月の料金をご紹介しますと、

フレッツ光
ホームタイプで月5,700円
マンションタイプで月3,350円
(※プロバイダーは別途)

ドコモ光
ホームタイプで月5,200円
マンションタイプで4,000円
(※プロバイダー込み)

となっています。

これだけを見ると、ドコモ光は戸建てなら安いけれどマンションだと高いと思ってしまいますが、フレッツ光の場合には、ここでご紹介した料金に加えて、プロバイダーとも契約し、料金を払わなければいけません。
このプロバイダー料金は、サポートを切り捨てて価格を下げた格安なものでも月500円、サービスの充実した信頼あるプロバイダーならば月1,000円以上になることが多いので、プロバイダー料金のことも考えて計算しなければいけません。
それに対して、ドコモ光はドコモ光契約時にまとめてプロバイダーも選び、一括で契約することになります。
その料金はさきほどご紹介した料金に既に含まれているので、別々にプロバイダー料金を取られることはありません。
また、プロバイダー料金もドコモから請求されることになりますから、請求書などの管理を少し楽にしてくれる、というのも利点といえるかもしれません。

このように、プロバイダー料金のことも考えるならば、フレッツ光よりもドコモ光のほうが料金は安価です。

プロバイダ選択の違い

インターネットに接続するにはプロバイダと契約する必要があります。
フレッツ光はプロバイダの選択肢が豊富にありますが、その反面フレッツ光とプロバイダが別契約となります。
ドコモ光ではドコモが指定したプロバイダであれば自由に選ぶことができ、ドコモ光での契約としてまとめられたプランになるので、プロバイダとの個別契約は必要ありません。
選択できるプロバイダは料金の違いによってタイプAとタイプBがあります。タイプBのほうが200円高いのですが、高い分優れているというわけではありませんので、特にこだわりがなければ、月額の安いタイプAから選ぶのがおすすめです。
プロバイダのサービスについては詳細をあげると膨大な量になってしまいますので、一部を紹介することしかできないのですが、so-netセキュリティソフトが24ヶ月間無料で使えたり、GMOとくとくBBではWi-Fiルーターがプレゼントされたりといった特典があります。
また、ぷららビッグローブではリモートサポートが無料で利用できるようになっています。

ドコモ光の光パックは魅力的

プロバイダーの選択で重要なポイントとなるのが、やはりスマホとのセット割があるかどうかです。
この点ではドコモ光に分があるのは間違いありません。
ドコモ光は光パックでスマホ代を大幅に安くできるのは大きな魅力といえます。
どういったスマホプランを選択しているかによっての違いはあるものの、一人向けの光データパックの場合は500円~1100円、家族でデータ量を分け合うシェアパックの場合は800円~3200円が割引されます。
5年以上ドコモを利用しているのなら、ずっとドコモ割と25歳以下が対象となるU25応援割が合わせて適用できます。
フレッツ光の場合はインターネット回線だけを提供しているため、このスマホとのセット割は不可能です。
月額料金と合わせて考えると年間で2万円~3万円以上の差が発生すると考えて問題ありません。

キャンペーンにはどれぐらいの差があるのか?

ドコモ光を選択すれば、お得な申し込みキャンペーンが多数あります。
例としては、最新の接続方式で通信が速くなる、15000円相当のWi-Fiルーターを無料提供するといったものです。
もちろん、その時々で内容は変わっていくものの、魅力的なキャンペーンが開催されているのは紛れもない事実であり、今後も変わっていかない点といえます。
これがフレッツ光の場合は、キャンペーンはほとんどがなくなっているのが事実です。
これはNTTとしては低コストでの提供をしたい考えからドコモ光を選択してほしいという本音があるのが大きいといえます。
また、契約者数が既に2000万人以上となったからこそ、古い体制を変えるのが難しいという側面も関係しています。

ドコモのスマホとセットでお得に

ドコモ光を選ぶ理由として最も多いのが、ドコモのスマホとのセット割です。
ドコモ光ではセット割によりドコモのスマホ代が大幅に安くなるというメリットがあります。
セット割の割引額はスマホ側のパケット契約によって変わり、パケット容量が大きいほど、受けられる割引額は多くなります。
家族でシェアパックに入っていて最大の100GBで契約していれば、毎月3200円割引されます。
シェアパックに入っていない場合でもドコモのスマホ1台に対して割引されます。
最も標準的な5GBではスマホ代が毎月800円割引されます。さらにドコモには利用期間が長くなればなるほど割引額が大きくなる、ずっとドコモ割があります。
これはセット割と組み合わせることができ、最大で毎月5700円も割引になります。
ドコモ光もフレッツ光も同じNTT系列の会社なので、使用している回線は同じです。
そのため通信速度は同じで、安くなるからといって通話品質が落ちることもありません。
ドコモのスマホがセットで割引になる光回線はドコモ光しかありませんので、ドコモユーザーの方や、他のキャリアからドコモへの買い替えを考えている方は、是非利用を検討してみてください。

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

ドコモ光の申し込みはこちらから

通信速度の比較

人によっては料金以上に気になるのが、通信速度です。
料金がいくら安くても、画像1枚を読み込むのに何10秒もかかるのでは話になりません。
とはいえ、実はドコモ光もフレッツ光も、ホームページなどで記載されている数値など、あまりアテにはならないという現実があります。
戸建ての家に住んでいる方ならばカタログ通りに近い速度がでるかもしれませんが、マンションやアパートにお住まいですと、そのアパート全体での通信量がかなり関わっていますので、理論値はあまり頼りになりません。
しかし、どちらのサービスを選ぶにしても、契約している回線速度が速いほど、実際の速度も早くなるのは事実です。
ですから、動画などのリッチコンテンツをよく読み込む方は、できるだけ通信速度の速い契約を結ぶほうが良いでしょう。

通信品質の違いはあるの?

ドコモ光とフレッツ光の通信品質については全く変わりません。
やはり選択をするにあたって、通信品質を気にするのは当然といえるでしょう。
しかし、全く変わらないという部分があるため、特に気にする必要はありません。
これはドコモもフレッツも同じNTT系列の会社であるのが理由であり、使っている回線は同じということです。
顧客を管理する会社には違いがあるものの、あくまでも外側が違うだけで、全く同じものを使うことになるという認識で問題ありません。

フレッツ光からドコモ光への乗りかえってできるの?

月々の使用料を少しでも安くしたいからフレッツ光からドコモ光に乗り換えたいと考えていても、乗りかえって面倒だったり工事があったりするのではないかと不安に感じるかもしれません。
フレッツ光からドコモ光への転用は、元々フレッツ光の回線を使っているため工事は不要です。
しかも、フレッツ光の割引サービスを解約する際の違約金も不要です。
ドコモ光のプロバイダの多くはフレッツ光とも対応しており、その場合プロバイダの変更も必要ありません。
しかし、フレッツ光で使用していたプロバイダがドコモ光に対応していない場合にはプロバイダの変更が必要になる点と、プロバイダによっては解約違約金が発生するところもあるので事前に確認をしておきましょう。
フレッツ光もドコモ光も同じNTTの系列ではありますが料金やサービス面で様々な違いが見られます。
また、その他の光コラボレーションでもお得なプランを用意しているところもあるため、フレッツ光からの乗り換えを考える際にはどこを利用するのが自分に向いているのかじっくり下調べをすることをおすすめします。

フレッツ光のサービスは引き続き使える

フレッツ光と契約する際にひかり電話やひかりTVなどのサービスに加入した方も多いと思いますが、これらはドコモ光に転用してもそのまま使用することができます。
フレッツ光からドコモ光に転用する場合は、プロバイダもそのまま転用することができます。
回線やサービスについては、ドコモ光に転用してもフレッツ光と同じような感覚で使うことができます。

「ドコモ光」に申し込むには

ドコモ光を契約すると決めたけど、申込みはどうすればいいのでしょうか。
この記事では特に、すでにフレッツ光を契約されている場合についてご説明します。

ご自宅でフレッツ光をご利用中の方がドコモ光に切り替えるとき、すでにフレッツ光をご利用されている場合、申込みから開通までは、おおまかに3つのステップがあります。

ステップ1 NTT東日本またはNTT西日本から「転用許諾番号」を取得する
ステップ2 ドコモ光への転用を申し込む
ステップ3 ドコモがご利用開始のご案内と工事をする

以上で、ドコモ光の回線が開通します。

 

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

ドコモ光の申し込みはこちらから

ステップ1

「転用許諾番号」を取得するには、NTTのWebサイトか、電話を使います。どちらも公式サイトで見つけることが出来ます。ただ、転用承諾番号取得には、以下の情報が必要になりますから、申請前に確認しておいてください。

・フレッツ光のお客様ID または ひかり電話番号 または 連絡先電話番号
・フレッツ光のご契約者名
・フレッツ光のご利用場所住所
・フレッツ光ご利用料金のお支払い方法

次に、現在ご自分が契約しているプロバイダーを確認してください。
ドコモ光公式で提携しているプロバイダーならば引き続き利用できますが、そうでなかった場合、現在契約中のプロバイダーを解約して新たにプロバイダーがセットになったプランを契約するか、もしくは現在のプロバイダーを引き続き契約し、「単独プラン」を契約するかの2択となるのですが、「単独プラン」はプロバイダー込みの総料金がたいてい高額になってしまうので、現在のプロバイダーに提供されているメールアドレスを引き続き利用したいなどの特別な理由がないのなら、素直にプロバイダーがセットになったプランを契約したほうが良いと思います。

ステップ2

この転用申し込みには、
「お電話でお申込み」
「オンライン手続き」
「ドコモショップに来店する」
の3つの手段があります。

当然、申込み方法によって料金が変わることはありませんから、お好きな方法をお選びください。

転用申込みには、以下の情報が必要になります。先に準備しておきましょう。
・契約中のドコモの携帯電話番号
・転用承諾番号・フレッツ光の利用場所住所・フレッツ光の契約名義
・契約事務手数料3,000円

ステップ3

最後はご利用開始時の案内がドコモ光から行われ、その後工事となります。

なお、開通のご案内、プロバイダーID・パスワードまたはご契約内容変更のご案内の送付は原則工事日の前日までに書面、またはメールで送付されます。
ただし、プロバイダーID・パスワードは、プロバイダーとしてドコモ自らが運営している「ドコモnet」を選択した場合は書面では送られてこず、ドコモnetのマイページから確認することになります。
工事が終了すれば、回線は開通です。

最後の設定

最後に、インターネット接続の設定と機器の接続です。
パソコンをお持ちの場合はNTT東日本、NTT西日本から送付される接続設定ガイドを参照しながらインターネットへの接続設定を行ってください。
また、スマートフォン、タブレットによる接続設定をする場合は、NTTdocomoの「お客さんまご自身による接続設定」を参照してください。
以上で、フレッツ光からドコモ光への乗り換えは完了です。快適にドコモ光を利用できたなら幸いです。

ドコモ光の解約

ドコモ光解約の手順

 ドコモ光解約のおおまかな流れ

  1. 電話もしくは、ドコモショップで解約申請
  2. 契約しているプロバイダの解約申請
  3. 撤去工事
  4. レンタル品などの返却

 

ドコモインフォメーションセンター

ドコモの携帯電話から (局番なし)151

9:00~20:00(年中無休)

一般電話などからの場合 0120-800-000

9:00~20:00(年中無休)

 

ドコモショップで解約する場合

お近くのドコモショップで解約可能。直接ドコモショップで解約手続きをする方が、不明点などをすぐ確認できるのでしっかり把握したい方には良いかもしれません。

また、解約手続きの際は、本人確認のための契約ID(お客様ID)、もしくはドコモのスマホ等を利用している場合は、契約の携帯番号、ネットワーク暗証番号(4桁の番号)が必要になります。

ドコモ光の解約にかかる費用とは

■ ドコモ光の解約違約金(契約期間内の場合など)

■ プロバイダの解約違約金(契約期間内の場合など)

■ 開通工事費の残債(ドコモ光の回線工事費を分割払いの場合など)

 

解約費用を無駄にしないタイミング

・キャッシュバックキャンペーンや乗り換え違約金負担のある他社光回線に乗り換える!

・ドコモ光を解約のタイミングを更新月にする!

ドコモ光解約する際に知っておきたい注意点

解約月の料金は日割りされない

ドコモ光の解約では解約月の料金が日割りされません。月額分の金額を支払いとなります。

 

セット割が適用されなくなる

ドコモのスマホと契約している場合は「ドコモ光セット割」が適用されますが、ドコモ光を解約してしまうと、次の月からのスマホの料金は割引されなくなります。

電話番号が使えなくなる・引き継げないい

ドコモ光を解約すると同時に、ドコモ光で発番した電話番号も使用不可となります。

(※NTTで発番した番号であれば、解約後も使えるので心配はいりません。)

 

関連サービスの使用不可

ドコモ光を解約すると、使用していたメールアドレスやブログなどの関連するサービスが利用できなくなります。

 

引っ越しなら解約しなくても利用できる

引っ越しの場合はドコモ光で移転手続きを取ると解約の必要がないです。移転手続きは、解約違約金も発生せず、更新月での解約が難しい場合などは検討も良いかもしれません。

ただし移転の場合、引越先では新たに開通工事が必要となり「開通工事費」がかかります。

キャッシュバックキャンペーンや乗り換え違約金負担のある他社光回線に乗り換える方がおトクになる場合もあります。

ドコモ光のよくある質問

ドコモ光の工事日はいつ頃になりますか?
早くて2~3週間となります。
ただし、お客さまのご利用予定エリアや設備状況、繁忙期等によっては1~2ヶ月以上かかってしまう可能性もあります。
また、工事日の詳細確認はお電話にてご入会対応後、ドコモ光サービスセンターにて確認することができます。
2年の定期契約中に引っ越しをした場合、解約金はかかりますか?
お引越しの際は、NTTドコモへ移転手続きをしていただければ解約金が発生せず継続利用可能です。
ただし、移転手数料や工事料は別途発生いたしますので移転の際はNTTドコモへ詳細確認をする必要があります。
ドコモの携帯電話を持っていないのですが契約可能ですか?
契約は可能です。
しかし、プロバイダによってドコモの携帯電話の契約が必須な場合もあるため契約予定のプロバイダはどうか確認しましょう。
ahamoでドコモ光は申し込めますか?
ahamoをご利用の方も、ドコモ光をお申込みいただけます。
ドコモ光の提供エリアか確認したいです。
ドコモ光の提供可否はフレッツ光の提供エリアに準じます。
東日本にドコモ光設置予定の場合はこちら、西日本にドコモ光を設置予定の場合はこちらでご確認ください。

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

ドコモ光の申し込みはこちらから

まとめ

以上のことから、特にドコモのケータイを使っている人にとってはドコモ光は安く使える光回線サービスだといえます。

お申し込み・エリア確認・料金相談可能

ドコモ光の申し込みはこちらから