auひかり

ADSLは2023年1月でサービスが終了!今のうちに乗り換え先におすすめなauひかりを契約しよう

2022年4月26日

皆さんのお家のインターネット回線は、ADSLですか?それとも光回線ですか?

数年前までは、自宅のインターネット回線はADSLが主流でした。
しかし、YouTubeや動画配信サービスなどの需要が高まったことで、データが大容量化してきた今、ADSLの回線速度では足りなくなってきてしまっています。

さらに、NTT2023年1月末まででADSLのサービス提供を終了することをすでに発表しています。

これは、新規受付が終了になるわけではなく、サービス提供の終了なので、今ADSLを使っている人も利用できなくなります。

これは早めにインターネット回線を変更しなければいけませんね。
だって、サービス提供の終了まで、後2年を余裕で切っているのですから。

今の時代、インターネット回線といえば“光回線”が主流になります!
光回線の中でも私が1番におすすめしたいのは“auひかり”です!

今記事では、ADSLからの乗り換え先にauひかりがおすすめの理由を紹介していきたいと思います!

まだADSLのインターネット回線だよという方はぜひ最後までご閲覧ください!

【No.1還元額】お申し込み・料金相談

auひかりの申し込み窓口はこちら

そもそもADSLってなに?

ADSLとは、Asymmetric Digital Subscriber Lineの略で非対称デジタル加入者線を意味しています。
この非対称デジタル加入者線というのは、一般家庭にあるアナログの電話回線を利用する高速デジタルデータ通信技術のことです。仕組みに電話回線を使用しているため、導入がしやすくリーズナブルな定額料金で高速なインターネット接続ができることから、2000年代前半に急速に普及しました。また、サービス提供エリアが広く、山村部、離島を除いた全域が対象になっています。

ADSLと光回線の違い

ADSLと光回線の1番の違いは仕組みです。
先ほども言いましたが、ADSLは電話線を利用してインターネットを使います。
一方で光回線は、光ファイバーを利用します。また、通信の速度と安定性にも違いがあります。
回線の種類によって異なりますが、ADSLの最大速度下り50.5Mbps、上り12.5Mbpsで、光回線下り上りとも1Gbpsとされています。(bpsビーピーエス/bits per second=1秒間に送受信できるデータ量)数字にしてみると、光回線のほうが圧倒的に速いことが分かります。さらに、安定性にも違いがあって、ADSLは基地局からの距離により通信速度が影響を受けやすい回線と言えますが、光回線は光の特性を利用する伝送方式のため電磁波の影響をほとんど受けず、安定性の高い通信状態が持続します。全体的に光回線のほうが一枚上手といった感じです。
だからADSLのサービス提供が終了するのかもしれませんね。

ADSLからの乗り換え先にauひかりがおすすめな5つの理由

ADSLからの乗り換え先にauひかりがおすすめの理由は5つあります。

①YouTubeなどの動画が快適に視聴できる!
②料金はADSL+加入電話とあまり変わらない!
③初期工事費は実質無料になる!
④ADSLの解約違約金を還元してくれる!
⑤代理店から申し込むことでキャッシュバックが貰える!

詳しく確認していきましょう!

①YouTubeなどの動画が快適に視聴できる!
auひかりの回線なら高画質動画でも安定して見ることができます。

下記の表は、YouTubeが公式に発表している「動画を再生するのに推奨されているダウンロード速度の目安」です。

4K 20Mbps
HD 1080p 5Mbps
HD 720p 2.5Mbps
SD 480p 1.1Mbps
SD 360p 0.7Mbps

高画質と言われるのは、HD以上からです。
そうなると、YouTubeを高画質で安定してみるのなら、少なくとも2.5Mbpsの回線速度が必要になります。

auひかりのダウンロード速度は1Gbpsになりますので、余裕ですね!

この1Gbpsの速さは、ベストエフォート(技術上の最大値)なので、実使用速度は異なる場合があります。

とはいえ2.5Mbpsは余裕で越えてくると思います!

②料金はADSL+加入電話とあまり変わらない!
光回線の月額料金はADSLと比べると一見高く感じます。
しかし、ADSLは月額料金とプラスでモデムのレンタル料金やプロバイダの利用料金が加算されるため、実際にはauひかりと大差ありません!

また、auひかりには光回線を利用した固定電話サービスの「auひかり電話」があり、NTTの加入電話と比べて月額料金を大幅に安くすることができます。

そういったことも含めると、auひかりのほうが安くなるケースも考えられます!

③初期工事費は実質無料になる!
光回線を利用するには大体の場合、光ファイバーを宅内まで引き込む工事が必要になります。
その際、必ず立会いが必要になるうえ、工事費もかかってしまうため光回線への乗り換えを悩んでしまう方がいると思います。

しかし、安心してください!

auひかりには、工事費が実質無料になる「初期費用相当割引」というキャンペーンがあります!

下記はauひかりの初期工事費用です。

一戸建て  37500円(分割だと625円×60ヶ月)
集合住宅(マンション) 30000円(分割だと1250円×24ヵ月)

思ったよりも高いですよね……。
しかしそれが、auひかりで「ネット」+「電話」を申し込むと、一戸建てで-37500円(ネット-125円+電話-500円×60ヶ月)、集合住宅(マンション)で-30000円(-1250×24ヵ月)割引されます!

立会いする時間さえ作ることができれば、お金は問題なさそうですね!

④ADSLの解約違約金を還元してくれる!
ADSL自体には解約違約金はかかりません!
しかし、別途契約しているプロバイダによっては解約違約金がかかってしまうことがあります。

そういったときには、auひかりの「乗り換えスタートサポート」を利用しましょう!

auひかり 乗り換えスタートサポートは、他社のインターネット回線からauひかりに乗り換える際に掛かった解約金などを、最大55,000円還元してくれるキャンペーンです!

ですので、違約金も気にすることなく、光回線を申し込むことができます!

⑤代理店から申し込むことでキャッシュバックが貰える!
ここからはプラマイゼロのお話しじゃなく、プラスのお話しになります!
auひかりを申し込む際、窓口を選べば高額キャッシュバックなどの特典を受け取ることができます。

auひかりは他の回線に比べてキャッシュバックの金額が大きくなっているのが特徴です。

私がおすすめするauひかりの申し込み窓口はWEB代理店です。
中でも下記サイトは、最大131,000円も還元してくれます!

【No.1還元額】お申し込み・料金相談

auひかりの申し込み窓口はこちら

悪質な申し込み窓口も多数存在しますので、間違わないようにお気を付けください。

まとめ

今記事は皆さんの役に立ちましたでしょうか。
まだお家のインターネット回線がADSLだよという方は、お早めにauひかりに乗り換えておくことをおすすめします!2023年なんてもう目の前ですからね。さらに光回線はADSLの時よりも確実に快適なインターネットライフを過ごせます!ぜひ、お申し込みください!

-auひかり
-,