auひかりの比較・ランキング!ポイント徹底解説

「ひかりサービス」とは?

「ひかり(光)サービス」とは、光ファイバー回線を使ったインターネット通信サービスです。
ADSLなどの古い回線に比べるとやや料金は上がるものの、非常に高速で安定した通信をすることができるため、今の時代ではもはや標準になっているといっても過言ではありません。
コストの安いひかり電話や、アンテナのいらないケーブルテレビを一緒に利用することもできるため、設備や出費を抑えたい一人暮らしの人にも嬉しいサービスです。
複数の企業が「ひかりサービス」の宣伝をしていますが、本当におトクなのはどこなのでしょう?
一般的に使いやすいプラン(通信量無制限・無線LAN使用)を基準にして、月額料金や初期費用などを比較していきましょう!

auひかりの申し込み窓口比較

auひかりを申し込む場合、公式から申し込む方法代理店から申し込む方法2種類があります。
申し込もうと思っているけれど、公式と代理店どっちから申し込んだらいいのかわからない!と悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

申し込み方法は2種類

公式からの申し込み方法と代理店からの申し込み方法ではどのような違いがあるのでしょうか?
2種類の申し込み方法のメリット・デメリットを比較していきましょう!

公式から申し込む場合

公式から申し込む場合は、ご利用したいエリアがauひかりに対応しているかを確認しなければなりません。
auひかりの提供エリアは限られているためしっかり確認しましょう!

メリット

  • 公式サイトという安心感がある

デメリット

  • 公式サイトのキャンペーンのみになるので特典が代理店より少ない

代理店から申し込む場合

代理店から申し込む場合は公式のキャンペーンにプラスして、代理店独自のキャンペーンも受け取れるというメリットがあります。
キャンペーンやキャッシュバックを利用しておトクに契約したいという方は代理店からのお申し込みをおすすめします!

メリット

  • 公式の特典+代理店独自の特典も受け取ることができる

デメリット

  • どこの代理店を選べばいいのか悩んでしまう

公式から申し込んだ場合と、代理店から申し込んだ場合のメリット・デメリットを見ると代理店から申し込んだほうが受け取れる特典が多いことがわかりました!
「でも、代理店は特典が多い分月額料金が高いとか何かあるんじゃないの?」と考える方もいらっしゃると思います。
ですが、そのような心配はありません。
どこで申し込んだとしても公式と月額料金の差はなく、正規の料金で利用することができます。
公式と同じ料金で利用できるなら、特典が多くもらえる代理店でのお申し込みのほうがおトクなことがわかりました!

まとめ

  • 月額料金はどの代理店でも同じ!
  • 公式特典もどの代理店も同じ!
  • サポート体制は代理店ごとに違いがある!

【No.1還元額】お申し込み・料金相談

auひかりの申し込み窓口はこちら

auひかりのおすすめ代理店ランキング

auひかりに新規で申し込む方、他社からの転用をお考えの方で
「どこで申し込んだら良いのか?」
「どの代理店がお得なのか?」
とお悩みの方々、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

各店舗キャッシュバックがあったり、特典があったりして、悩ましいですよね?
ここでは、そんな代理店を比較しランキング形式で紹介していこうと思います。
せっかくなので人気順に並べていきますので何かしらのご参考になれば幸いです。
では、行ってみましょう!

1位.株式会社グローバルキャスト

株式会社グローバルキャストのキャンペーン情報

最大131,000円還元!!
当サイト限定キャッシュバック(41,000円) +auひかり 乗りかえスタートサポート(最大30,000円)+auひかり 乗りかえスタートサポート上乗せキャッシュバック(ホーム ずっとギガ得プラン 25,000円)+auスマートバリュー特典(10,000円)+指定プロバイダ特典(25,000円)→131,000円還元!

※即日申込について
「即日申込」に関しては、お問合せいただいた当日、もしくは1回目のお電話でお申し込みいただいた方限定です。

さらに初期工事費用実質無料!

auひかりホーム
(工事費41,250円):
初回:-1,194.6円(税込)
2回目以降:-1,178円(税込)×34か月
→月額料金からの割引で工事費41,250円が実質無料!
auひかりマンション
(工事費33,000円):
初回:-1,443.2円(税込)
2回目以降:-1,434.4円(税込)×22か月
→月額料金からの割引で工事費33,000円が実質無料!

株式会社グローバルキャストの評判

第1位に選ばれた最大の理由は、キャッシュバック金額だけではなく、実は筆者の知り合いがちょうど「auひかり」に乗り換えるということで、株式会社グローバルキャストさんが運営するauひかり申込みサイトを見つけ、電話してみたところ素晴らしく対応が良く、細かい質問も丁寧に教えてくれたらしく、その場で即申し込みし、開通後のキャッシュバックまでも、全てにおいて卒がなかったと感激した・・・という話を聞いたから。。。
こういう実際に申し込んだ人の「生の声」って本当に大事だなと・・・
他の代理店と電話対応を比べてみたわけではないし、あくまでも筆者の独断と偏見でのランキングにはなりますが、第1位に選ばせていただきました。
また株式会社グローバルキャストさんはauひかりの契約に多大な貢献をしており、KDDIから感謝状を受け取っていたりします。
ほかの代理店より信用と実績がなければ貰えないものなので、auひかりをお申込みの際は、この点も加味してはいかがでしょう?

【No.1還元額】お申し込み・料金相談

auひかりの申し込み窓口はこちら

2位.NNコミュニケーションズ

NNコミュニケーションズのキャンペーン情報

ネット・電話申し込み(41,000円)+プロバイダキャッシュバック(25,000円)→66,000円キャッシュバック!
+
違約金還元最大55,000円還元!

<キャッシュバック特典1:>

◆ネット+電話のセット
ホームタイプ(一戸建て)ご契約で41,000円
マンションタイプで46,000円のキャッシュバック!

◆ネットのみでのご契約
ホームタイプは35,000円
マンションタイプだと40,000円のキャッシュバック!

<キャッシュバック特典2:>
◆ネット+電話のセット
ホームタイプは35,000円+無線LANルーター
マンションタイプだと40,000円+無線LANルーター!

◆ネットのみでのご契約
ホームタイプは29,000円+無線LANルーター
マンションタイプだと34,000円+無線LANルーター!

※キャッシュバック特典は、上記の1か2を選択可能。

NNコミュニケーションズの評判

キャッシュバックの手続き方法が電話という手軽さやキャッシュバックの受け取りが開通後、翌月末という素早い代理店です。
手続き方法は電話でお申し込み時に振り込み口座の情報を伝えるだけという簡単さ!
書類記入一切なしです!
代理店によっては郵便為替の代理店もある中で現金振り込みという点がとても魅力的です。
他の代理店でもネットのみのキャッシュバックはNNコミュニケーションズとほとんど大差がないので、手続きがより簡単なこちらの代理店がお勧めです。
また、キャッシュバックの表記に最大という言葉を使わずに必ず貰えるとの表記を確認しました。
その表記通り、確実にキャッシュバックが貰えます。
NNコミュニケーションズの提供する特典は「キャッシュバックのみ」「キャッシュバック+無線LANルーター」の2種類から選択可能なのも魅力的です。

<NNコミュニケーションズでのお申し込みはこちら>
【auひかりキャンペーン】

3位.auひかり×So-net

auひかり×So-netのキャンペーン情報

指定プロバイダ(10,000円)+乗り換えスタートサポート(30,000円)+auスマートバリュー(10,000円)+自社キャッシュバック(30,000円)→80,000円還元!

auひかり×So-netの評判

戸建て3,980円・マンション2,200円と安い月額料金で利用できるSo-netは、auスマートバリューとの併用でさらに安く利用することができます。
お得な月額料金でauひかりを利用したいとお考えの方にはおすすめです!

<auひかり×So-netでのお申し込みはこちら>
【So-net 光 (auひかり)】

4位.25(トゥエンティファイブ)

25(トゥエンティファイブ)のキャンペーン情報

①他社乗り換え+au光回線(ずっとギガ得プラン)+36ヵ月以上の継続利用のお約束+指定プロバイダ(BIGLOBE)+指定オプション→80,000円還元!
②auひかりホームずっとギガ得プラン・電話サービス・auスマートバリュー・auでんきのお申し込み→51,000円還元!

25(トゥエンティファイブ)の評判

25(トゥエンティファイブ)はオプションの加入が必須、auひかり電話の加入も必須となっております。
キャッシュバックをもらう条件はしっかり確認しておくことをおすすめします。

<25(トゥエンティファイブ)でのお申し込みはこちら>
auひかり

おすすめ代理店を比較しランキングにしたところ、最もおトクに申し込める代理店窓口は株式会社メディアサービスということがわかりました。
株式会社メディアサービスは、キャッシュバックの金額が最も高額であることや、その他キャンペーンなどが豊富なためキャンペーンやキャッシュバック重視の方におすすめできる代理店だといえます。

また、株式会社メディアサービスではお申し込みが電話一本で完了することができるため、プロのオペレーターと相談しながらお申し込み手続きを進めることができます。
相談しながらお申し込みまで電話一本で完了するのは安心ですね!

【No.1還元額】お申し込み・料金相談

auひかりの申し込み窓口はこちら

携帯電話キャリアのひかりサービス(au、ソフトバンク、ドコモ)

まずは大手携帯電話キャリアでもあるau、ソフトバンク、ドコモの3社。
いずれもスマホとセットで契約することで、スマホの料金が割引されます。顧客満足度がダントツなのは「auひかり」
戸建てタイプは「ずっとギガ得プラン」なら1年目で月額5100円。3年目以降は4900円。
マンションタイプ「お得プランA」なら日常のおうちトラブルサポートがついて月額4300円。
これらは全て、プロバイダ代や無線機器レンタル代がセットになった値段です。
スマホ+ネット回線+ひかり電話(+500円)のセットで申し込むことで、スマホのプランに応じて500~2000円の割引になり、無線LAN用機器のレンタルも無料になります。
工事料が30000~37500円とちょっと高額なのですが、これは60ヶ月継続利用することで月々の料金から割引され、最終的にはなんと無料にすることが可能です!
5年間以上同じ物件に住むのなら、実質の初期費用は登録料3000円だけということになりますね。
通信速度1Gbps(1ギガビット毎秒)が標準の光サービス業界で、関東の一部地域では5~10Gbpsという驚異的な速度を出せることも見逃せません(戸建て限定で10Gbpsは追加料金。対象外のエリアは1Gbps)。
次に「ソフトバンク光」。戸建てタイプは月額5200円(5年契約なら4700円)。
マンションタイプは月額3800円。無線LANユニットをレンタルする場合は、追加で月額1457円がかかります。
また、スマホとセットにすればスマホ料金が1000円割引になります。
初期費用は、まず事務手数料が3000円。工事費用は、他社から乗り換える場合やマンションの設備によっては無料か、だいぶ安い工事費で済むことがありますが、新規で申し込む場合は24000円かかります。
通信量が少ない家庭の場合は、ライトプランを申し込めば、通信量に応じて月々の支払を抑えることができます。
「ドコモ光」はソフトバンクに似たシステムですが、選択するプロバイダによって多少料金が変わります。
戸建てタイプは5000~5400円、マンションタイプは3800~4200円。さらに機器レンタル料が350円かかります。
初期費用は、事務手数料の3000円に加え、乗り換えなどの設備事情に応じて工事費が0~18000円かかります。
通信量が少ない場合は2700円からのミニプランもあります。
スマホとセットにした場合の特典を、料金割引とポイント付与で選択できるのが大きな特徴です。

【No.1還元額】お申し込み・料金相談

auひかりの申し込み窓口はこちら

auひかりとドコモ光を徹底比較

大手携帯電話キャリアの中でもドコモ光との違いを比較したいと思います。

初期費用の比較

まずは初期費用から比較してみましょう。
初期費用とは開通工事費や登録料など初回のみ支払う必要がある費用のことです。

ドコモ光は初期費用が21,000円なのに対し、auひかりは37,500円と1.5倍以上もかかるため、一見ドコモ光の方が圧倒的にお得に見えます。
しかし、auではインターネット回線とセットでauひかり電話の利用契約をすると初期工事費が実質無料(毎月の利用料から分割して差し引かれる)になるというサービスがあります。

光電話の設置が条件と聞くと尻込みするかもしれませんが、この光電話自体も光ファイバーを経由して通話する分従来のアナログ電話に比べて高性能です。
アナログ電話は古いケーブルを利用して通話するため音声に小さなノイズが入る場合や音がこもることがありますが、光回線を使えば素早く高品質な通信ができるため、クリアで音質も優れています。

さらにほとんどの場合は従来の電話機や電話番号をそのまま利用でき、新たに機器を設置する必要もないというお手軽さもポイントです。
仮に工事費無料化という目的がなくとも単体で十分優秀な製品と言えます。

【No.1還元額】お申し込み・料金相談

auひかりの申し込み窓口はこちら

毎月の費用の比較

続いてauひかりとドコモ光の毎月の利用料を比較してみましょう。

タイプ区分 ホームタイプ マンションタイプ
auひかり 5,100円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円

auひかりはホームタイプで5,100円、マンションタイプで3,800円。
対してドコモ光はホームタイプで5,200円、マンションタイプで4,000円となっています。

わずか100~200円の差ではありますが、ホームタイプ・マンションタイプのいずれもauひかりの方がお得です。
また、1年を通してみるとホームタイプで1200、マンションタイプで2400円もの差がつくことになり、長く利用すればするほど無視できないレベルの差がついていきます。

では、前項で説明したauひかりの工事費無料化の条件であるauひかり電話の料金についてはどうでしょうか。
一般のアナログ電話は毎月の基本料金が1,800円以上かかりますが、光電話はたった540円で済みます。

通話料もアナログ電話で県外にかけると最低でも1分20円はかかるのに対し、光電話をどこにかけても3分8円と大きな差があります。
こうして見るとauひかりの工事費無料化キャンペーンはインターネットと通話のどちらにおいても、またイニシャルコスト・ランニングコストの両面で他社に比べてお得で良質なサービスであることがわかります。

回線速度の比較

またauひかりの回線速度が他社に比べて速いというのも見過ごせない点です。
最大通信速度は1Gbps(毎秒1ギガバイトのデータを送受信可能)であり他社と変わりません。

しかし、これはあくまでも「最大」速度であり、実際の通信速度はその時の回線の混み具合によって大きく左右されます。
auひかりは独自のダークファイバー(普段は使用されていない予備の回線)を使っているため同じauひかりの利用者以外と競合せず、結果的に他社よりも通信速度が速くなります。

さらに戸建てが対象の契約プラン「auひかりホーム」の加入者を対象に2018年3月から開始した高速通信サービスとして「超ひかり」があります。
これらは最大通信速度が「auひかりホームX(テン)ギガ」なら10Gbps、「auひかりホーム(ファイブ)ギガ」なら5Gbpsとなるもので、いずれも従来の最大通信速度である1Gbpsを圧倒的に上回っています。
残念ながら超ひかりを利用できるのは東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の中でも一部のエリアに限られていますが、該当エリアにお住まいの方には是非ともオススメしたいサービスと言えます。

サービスの比較

auひかりとドコモ光はどちらもインターネット回線とスマートフォンをセットで契約するとスマホの利用料金が割引されるというサービスがあります。
auスマートバリューの最大割引額が2,000円なのに対し、パケットパック割引は最大3,000円のため、一見ドコモの方がお得に見えます。

しかし、auスマートバリューは一世帯で10台分まで割引を適用できるため、大家族や企業でスマホを利用したい場合はauの方がお得と言えます。
さらに家族間でのCメールの利用が無料で行える、家族同士でその月の余ったデータ容量を分け合う「データギフト」を利用できる、50歳以上の家族であれば契約した住所と別世帯でも割引の対象になるなどauは家族向けサービスが充実していると言えます。

auの最大の特徴としてキャッシュバックの充実ぶりがあります。
特にインターネットを通じて契約する場合はその金額が高い傾向にあり、中でも「株式会社グローバルキャスト」さんのauひかり申し込みサイトを経由して契約すると最大で90,000円ものキャッシュバックが受けられます。

【No.1還元額】お申し込み・料金相談

auひかりの申し込み窓口はこちら

auひかりを繋げたいけど、どこから申し込んだら良いの?

これが、最初にぶち当たる壁だと思います。
auひかりを繋げると言っても、色々な場所で契約ができますからね~。

どこで申し込んでもサービス自体は変わりませんが、手間や特典が大きく変わって
きます。
インターネット回線は長く付き合うものなので、せっかくならお得に契約したいですよね!

窓口は大きく分けて3つのパターンがあります。

ひとつ目は、自らショップなどに足を運んで契約する方法。
ふたつ目は、電話で対応してもらう方法。
みっつ目は、WEBから申し込む方法。

上記以外にも訪問営業による契約方法などもありますが、営業されて決めるのは1番おすすめできない方法です。

営業マンは言わば、詐欺師のようにうまいこと言ってくるので、簡単に乗せられてはいけません!

自分で色々な窓口を比較して、契約するのが1番かしこいです。

今記事では5つの窓口を比較して、皆さんに1番おすすめの窓口を紹介していきたいと思います!

auひかりだからauショップに行けば良いと思っていた方は必ず最後まで読んでいってくださいね!

【No.1還元額】お申し込み・料金相談

auひかりの申し込み窓口はこちら

auひかりを契約するための5つの窓口を比較

今回比較するのは5つの窓口です。

①KDDIに直接電話して契約する方法
②auのホームページから申し込んで契約する方法
③auショップに行って契約する方法
④家電量販店に行って契約する方法
⑤auひかりの代理店サイトから契約する方法

①KDDIに直接電話して契約する方法
まず、1つ目はKDDIに直接電話をかけて契約する方法です。
KDDIで申し込むのが、1番信頼性は高いですし、何より電話なので手っ取り早く契約することができると思います。
ちなみにKDDIからauひかりに申し込もうとすると、自動的にお客様さま窓口の電話番号に繋がります。
さらに年中無休で問い合わせることができるので、急ぎの方にはとてもおすすめの方法です!

しかし、もちろんデメリットもあります。
それは、キャッシュバックなどのキャンペーンが適用されないことです。
KDDIに直接電話で契約するのはもっともシンプルなやり方ですが、何も得はありません。
強いていうのなら、楽なことくらいです。

★メリット・デメリットまとめ

〈メリット〉
・電話対応なのでいつでもどこでも契約可
・外に出なくても良いので楽
・信頼性が高い

〈デメリット〉
・キャッシュバックなどのキャンペーンが適用されない
・auスマートバリューなどのお得なキャンペーンについても説明不足の場合がある

②auのホームページから申し込んで契約する方法
2つ目は、auのホームページから申し込んで契約する方法です。
料金プランやオプションサービスなどホームページに細かく記載されているので、確認しながら申し込めるのが嬉しいですね!
分からないことがあっても問い合わせることができるので、安心できます。

さらに、適用されるキャンペーンがたくさんあるので、お得に契約できます!
しかし、公式のキャンペーンは、条件もたくさんあるので、合う人には良いですが、合わない人にとっては何の意味もありません。

★メリット・デメリットまとめ

〈メリット〉
・ホームページに情報が細かく記載されているので分かりやすい
・キャンペーンがたくさんある
・分からないことがあっても問い合わせ可

〈デメリット〉
・条件があるので、合わない人にとってはキャンペーンも意味がない

③auショップに行って契約する方法
3つ目はauショップに行って契約する方法です。
auスマホユーザーなら馴染みのあるauショップでauひかりの申し込み手続きをすることもできます。
さらに、専門家と対面して直接やり取りができるので、分からないことがあっても気軽に尋ねることが可能です!
心配性の方にはおすすめの方法になります!

しかし、基本的にauユーザー(主にスマホ)のための店舗ですから、auひかりのキャンペーンがそこまで充実していません。
また、キャッシュバック額も1万円くらいとそこまで高くないのが残念です。

★メリット・デメリットまとめ

〈メリット〉
・安心感がある
・分からないことがあってもその場ですぐに解決できる
・適用できるキャンペーンがある

〈デメリット〉
・キャンペーンはあるけど、そこまで充実していない
・キャッシュバック額が少ない

④家電量販店に行って契約する方法
4つ目は、家電量販店に行って契約する方法です。
家電量販店というと、ヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機などを思い浮かべるのではないでしょうか。
実はそこでもauひかりの契約ができるのです!
auショップと同じで専門家に話を聞けるので安心ですね!

しかし、キャンペーンはあれど、キャッシュバック額が少なかったり、家電量販店で使えるポイントだったりするので、家電を求めていない方には需要のないキャンペーンかもしれません。

★メリット・デメリットまとめ

〈メリット〉
・安心感がある
・分からないことがあってもその場ですぐに解決できる
・適用できるキャンペーンがある

〈デメリット〉
・キャンペーンはあるけど、家電を求めてない人には需要がない

⑤auひかりの代理店サイトから契約する方法
5つ目はauひかりの代理店サイトから契約する方法です。
キャンペーンの豊富さやキャッシュバック額の多さで行ったら代理店から申し込むのが1番おすすめです!
ほとんどの代理店では、気軽に電話でお問い合わせをすることもできるので、便利だと思います。

しかし、auひかりの代理店はかなりあり、中には悪質なサイトもあります。
見極める力が大事ですね。

★メリット・デメリットまとめ

〈メリット〉
・キャンペーンが豊富
・キャッシュバック額が高い
・電話対応もしてくれる

〈デメリット〉
・サイトによっては、悪質なものもあるので見極めなければいけない

結局どこの窓口が1番良いの?

やはり、どこの窓口でもメリット・デメリットはありますね。
今回比較してみて、1番を決めるとしたら、最後に紹介した「auひかりの代理店サイト」から申し込む方法だと思います!キャッシュバック額が桁違いですし、色々なキャンペーンがあるので、必ずお得に契約できます!
たしかに、直接auとやり取りするわけではないので、不安に思う方がいると思いますし、先ほども言ったように中には悪質なサイトもあります。しかし、事前にどこの代理店が信頼できて、お得なのかを知っておけば全く問題ありません!信頼できてお得な窓口とは、ズバリ「KDDI正規代理店 株式会社グローバルキャスト」です!
ここでは、最大131,000円のキャッシュバックがあるほか、お得なキャンペーンを展開しています。正規代理店ですので、信頼性が高いのも嬉しいですね!下記サイトからお申し込みができるので、ぜひご利用ください!

【No.1還元額】お申し込み・料金相談

auひかりの申し込み窓口はこちら

まとめ

auひかりの5つの窓口はいかがでしたか?
窓口が違うだけで受け取れる特典が大きく違いますので、本当によく調べてから自分にあった窓口を見つけてみてください。auひかりの代理店サイトからの申し込みが1番おすすめだと言いましたが、正直一般人の方にどれが信頼できてどれが悪質かの判断はつかないと思います。とにかく安心してお得に契約したいと思っている方は、私がおすすめした「KDDI正規代理店 株式会社グローバルキャスト」からお申し込みください!ここから申し込めば間違いありません!皆さんがauひかりを繋いで快適なインターネットライフを過ごせることを祈っています。

auひかりとフレッツ光を徹底比較

続いては、フレッツ光との違いを比較したいと思います。

auひかりとフレッツ光はどちらが安い?

さっそくauひかりとフレッツ光の料金を比較したいと思います!
光回線の料金は、毎月支払う月額料金と契約時に支払う初期費用があります。

それぞれ見ていきましょう!

●月額料金
auひかりとフレッツ光の月額料金は以下の通りです。

フレッツ光
auひかり
※ずっとギガ得プラン
NTT東日本 NTT西日本
月額料金
戸建てタイプ 5,170円(税込)+プロバイダ料 4,730円(税込)+プロバイダ料 1年目:5,610円(税込)
2年目:5,500円(税込)
3年目:5,390円(税込)
集合住宅タイプ 4,455円(税込)+プロバイダ料〜 4,345円(税込)+プロバイダ料〜 4,180円(税込)~

auひかりの月額料金は、フレッツ光よりも安く、契約年数が増すごとにさらに安くなります!
一方でフレッツ光の月額料金は、上記の表の金額に550円~1,100円(税込)ほどのプロバイダ料金が上乗せされます。

インターネット回線とプロバイダ料金の月額を合計すると以下のようになります。

auひかり フレッツ光
au one net
4,180円
5,522円
@TCOM 4,675円
@nifty 4,400円
BIGLOBE 4,345円
So-net 4,345円
AsahiNet 4,125円
DTI 4,103円
BB.excite 3,905円
OCN 4,345円
WAKWAK 4,235円
hi-ho 3,894円
Plala 4,235円

そのため、月額料金の比較ではauひかりのほうが圧倒的にお得です!

●初期費用
初期費用には、契約手数料と工事費用が含まれます。

auひかりとフレッツ光の初期費用は以下の通りです。

光回線 住居タイプ 契約手数料 工事費用
auひかり
戸建てタイプ
3,300円
41,250円
集合住宅タイプ 33,000円
フレッツ光
戸建てタイプ
880円
19,800円
集合住宅タイプ 16,500円

上記の表だけでは、初期費用はフレッツ光の方が断然安いように思えます。
しかし、auひかりは値段だけ見ると高いように感じますが「ネット回線+電話サービス550円(税込)」をセットで申し込むことで工事費用が無料になったり、電話サービスも最大3年間無料となったりするプロバイダがあります。

つまり工事費が実質無料になるため、初期費用においてもauひかりのほうがお得になっています!

このように、料金面だけ見るとフレッツ光よりもauひかりのほうが断然お得だということが分かります!

しかし、auひかりは提供エリアが限られています。
提供エリアについても見ていきましょう。

auひかりとフレッツ光の提供エリア

auひかりとフレッツ光の提供エリアは以下の通りです。

〈auひかり〉
【提供エリア】
・北海道・・・北海道
・東北・・・青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島
・関東・・・東京都、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木
・信越・・・新潟、長野
・中部・・・山梨
・北陸・・・石川、富山、福井
・中国・・・鳥取、岡山、島根、広島、山口
・四国・・・香川、徳島、愛媛、高知
・九州・・・福岡、大分、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島

【提供エリア外】
・中部・・・静岡、愛知、岐阜、三重
・関西・・・大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀
・沖縄・・・沖縄

沖縄県は、通常のauひかりではなく、「auひかりちゅら」というサービスになります。
ホームタイプの提供エリア外に入っていても、auひかりのマンションタイプ設備が導入されている集合住宅であれば申し込み可能です。

〈フレッツ光〉
フレッツ光の提供エリアは全国です!
全国といっても地域によっては、対応エリア内でもフレッツ光を契約できない場合があります。
しかし、それを差し引いても日本全国の90%以上の地域で利用可能だと言われています!

エリアは圧倒的にフレッツ光の方が多いことが分かります。
auひかりが良くてもエリア外でしたら元も子もありませんからね。

必ず提供エリアを確認するようにしましょう!

auひかりとフレッツ光の回線速度

さっそくauひかりとフレッツ光の回線速度を比較していきます!
以下をご覧ください。

auひかり……最大1Gpbs(1000Mbps)
フレッツ光……最大1Gpbs(1000Mbps)

上記の通り、auひかり、フレッツ光最大通信速度は同じになります!

え、比較した意味ないじゃん。

という声が多数聞こえてきますが、これはベストエフォート型の数字なので、実際のスピードとは異なる可能性が高いです。

では一体実際のスピードはどちらのほうが速いのでしょう。

調べるには、SNSなどから実際に使っている人の声を聞くのが1番だと思います!

auひかりとフレッツ光のキャッシュバック比較

auひかりは最大131,000円のキャッシュバックを行っています。
フレッツ光は最大79,000円のキャッシュバックを行っています。
それぞれ最大のキャッシュバックを受け取るには指定のプロバイダーやオプションサービスを契約したりしなければいけないのですが、障壁自体はそんなに高くないので狙える方は積極的に狙ってみてはいかがでしょうか!

 

 

その他のひかりサービス

携帯電話キャリアを離れたところでは、NTT東日本・西日本の「フレッツ光」がバツグンの知名度でしょう。
こちらも選択するプロバイダによって料金が変動します。
東日本を例にすると、全て機器付きで、戸建てタイプは「ギガファミリー・スマートタイプ」で月額5200~6200円(2年半後+300円)。
マンションタイプは「ギガマンション・スマートタイプ」で月額3500~5100円(2年半後+200円)。
マンションタイプの変動が激しいですが、同じ建物にフレッツ光の契約戸数が多いほど料金が下がるシステムになっているためです。
初期費用は15800~18800円。
提供エリアが広いのが魅力ですが、スマホの割引もなく、地方や大きいマンション以外ではややお高めな印象です。最近はSONYが提供する「NURO光」の名もよく聞くようになりました。
通常プランでも2Gbpsという平均以上の通信速度を誇り、月額費用は戸建て・マンション共通、無線LANからプロバイダまで最低限必要なものは全てコミコミで4743円(高層マンションは別プラン)。
スマホの割引はないものの、特に戸建ての人にはかなり魅力的なお値段ですが、残念ながらまだ関東・東海・関西方面の一部都府県にしか提供されていないのがネックです。

auひかりの魅力について

今やすっかり三太郎のテレビコマーシャルとして定着したau。今回は「auひかり」にスポットをあてて、研究してみました。
auユーザーの方は勿論!他社ユーザーの方もこの機会にauひかりの導入を検討してみてはいかがでしょうか。
普通預金や定期預金に預け入れても金利はわずか…、通信費という毎月の固定費の金額を下げるほうが節約への近道です。
現在はADSL回線で契約中だが、光回線にしてみたいと、考え中ではありませんか?
契約するなら、今どきは光回線を選択する人が圧倒的に多いのです。
では、光回線を選ぶときにはどんな事を考えるのでしょうか。
「月額利用料を安くしたい」「通信の速度や安定性はどうなのだろう」「キャンペーンでキャッシュバックがあるところにしよう」等といった点が思いつきますよね。auひかりであれば、希望に応えられる要素は見つかるはずです。
早速ADSLとひかりの料金の比較をしてみましょう。
auのADSL場合⇒ADSL専用タイプIP電話なしコース(レギュラーコース1.5M)
→東日本5036円、西日本5038円。
auひかりの場合⇒一戸建て→5100円(ずっとギガ得プラン1ギガの場合)
集合住宅→月額3800円(お得プランAタイプ タイプV 16契約以上の場合)
auひかりの人気ポイントでもある、プロバイダ利用料込みですので、わかりやすい料金設定となっているのではないでしょうか。

【No.1還元額】お申し込み・料金相談

auひかりの申し込み窓口はこちら

auひかりはKDDI会社が提供するインターネットサービスです。
通信速度も高速ですので、ストレスなく利用できます。
対応エリアは全国です。
(全国とはいってもエリア外が存在しますので事前に公式サイトで調べる必要が有ります。)
そして、先ほども少し触れたのですが、auひかりはプロバイダ込みの契約です。
すなわち、どのプロバイダを選んでも(現在6社)料金は変わりません。
あまり詳しくない人であれば、どこにしようと悩むかもしれませんね。
その点は家電を買い替えたいけれども今度はあのメーカーにしてみよう、というような感覚で決めてみても大丈夫です。
どこを選んでも失敗はありません。
以前使用していたメールアドレスを引き続き使用したいという方や、サポート面等にこだわりがある方は、比較検討してお気に入りのプロバイダにしましょう。
キャンペーンでキャッシュバックを行っているプロバイダもありますのでお得に契約できる事もありますよ。
とはいえ、いくら値段が安いからといっても、インターネットがちゃんとできないと困る、という不安は残りますよね。
しかし、大丈夫です。
auひかりの契約件数は今や約400万件(2017年のデータによる)。
シェアランクはフレッツ光、ドコモ光に次いで第3位です。
ちなみに第4位はソフトバンク光です。
市場占有率の方は第3位ですが、お客様満足度は第1位です!
このデータ結果からみても十分な安心材料といえるはずです。
そして、口コミも概ね好評です。
やはり実際のユーザー意見は参考になりますので、いくつか紹介しましょう。
「もう他の光回線は考えられない」「料金とシンプルさでauひかりにした」「今までより〇千円安くなった。」等です。
お伝えしたい魅力はまだあります。
月額料金がスマホとセットでお得になる「auスマートバリュー」というプランです。
現在auユーザーの方はすぐに申し込みをおすすめします。
お持ちのスマートフォン+固定電話+ひかりで毎月最大2000円引きです。
なお、固定電話のない家庭も多いと思いますが、固定電話料金500円をつけても安くなる場合がありますので、尋ねてみましょう。
スマホ・携帯はauユーザーだが、固定電話やネット回線はなんとなく昔からの流れで他社のままにしていませんか?
まとめてパックにした方が断然お得です。

手続き方法について

公式ホームページから24時間対応してくれますので、まずは気軽に問い合わせができます。
そもそも、そのネット環境がないという方はフリーダイヤルでの受付もありますし、auショップへ行っていろいろと直接相談する方法もあります。
申し込みをしてからインターネットが実際開通するまでは、約1か月~2か月。
マンションの場合は約2週間かかるとのことですので、すぐではない事は頭に入れておいた方が良さそうです。
因みに1月から3月は光回線の申し込み繁忙期ですので、仕事等で必要な方は余裕を持った申し込みがいいですね。

おすすめのプロバイダーは?

auひかりのプロバイダーにはau one net以外にも@nifty、So-net、BIGLOBE、DTI、ASAHIネット、TCOMと7種類もあり、どこを選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。
実はauひかりではプロバイダーのサービス利用料が毎月の基本料金に組み込まれているため、利用料を気にしてプロバイダーを選ぶ必要はありません。
ならばauで統一してしまえば手続きが楽なのではないかと思われそうですが、それぞれのプロバイダー毎にサービスの内容や割引・キャッシュバックの金額などが大きく異なっているため、せっかくなら納得行くまで吟味してプロバイダーを選びたい所です。
そこで今回筆者がおすすめするのが@nifty
主なメリットとしてはキャッシュバックが受けやすいこと、お得な割引サービス、そして最大の特徴が圧倒的なサービスの充実度
特に最後のサービス内容についてはメールの使い勝手やセキュリティを重視されるユーザーの間では有名なのではないでしょうか。
以下「キャッシュバック」「割引サービス」「オプションサービス」という3つの項目に分けてそれぞれの詳細をご紹介したいと思います。

手早く確実なキャッシュバック!

@niftyと契約すると、まずホームタイプ・マンションタイプを問わず10,100円のキャッシュバックを受け取ることができます。
最大のポイントは契約するだけ、しかも短期間で確実にまとまった金額を受け取ることができるという点です。
一般的にキャッシュバックを受け取るには1年前後、長い場合だと2年かかることもあります。高額キャッシュバックに釣られて契約してみたら手続きの面倒さや存在をすっかり忘れてしまったことで結局受け取れなかった…という話を聞いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
酷いケースだと受け取れないようにわざと手続きを複雑にしていることもあるようです。
またキャッシュバックの金額が高額でも様々なオプションに加入することが必須条件となり、結局利用料がかさんで高くついてしまった…などというケースもザラにあります。
しかし@niftyでは最短で8ヶ月と比較的早くキャッシュバックを受け取ることができる上、余計なオプションを付ける必要もありません。
そのため面倒な手続きをしたくないという方やどのようなオプションを選べば良いかわからない、またはオプション自体が必要ないという方にも安心の親切設計と言えます。

お得な割引サービス

プロバイダーとして@niftyを選択し、かつauのスマートフォンを利用されている方は「auセット割」という割引サービスが適用され、毎月のスマホ利用料が安くなります。
割引金額はスマホの契約プランによって異なり、目安としてデータ定額5ギガ以上なら1,200円、未満なら500円の割引となります。
この手の割引サービスでありがちなのが高額なオプションの水増しなどで利用料がかさみ、結果的に割引以上の負担となってしまった…というケースですが、このauセット割は@niftyとauのスマホさえ利用していれば他の条件は一切ないため、お手軽に安心して利用できるのが最大のメリットと言えます。
しかもインターネットが開通した月の利用料は丸々無料になります。
またスマホに@niftyが販売している格安SIMカード「NifMo(ニフモ)」を入れている場合、利用料が毎月200円割引されます。
NifMoの元々の月額利用料も安く、仮に3GBのプランだと1,600円と同じく格安SIMとして知られるLINEモバイル(1,690円)よりも安く、これにさらに200円の割引が加わるため毎月290円お得になります。
auセット割にしろNifMoとのセット割にしろ、個々のサービスの使い勝手のみで選んでも結果的にお得な割引を受けられるのが最大の魅力と言えます。

@nifty+auひかり:同時併用でお得なオプション

さらに、@niftyとauひかりと同時申込みや併用によって受けられるオプションサービスも充実しています。
中でも「常時安全セキュリティ24」はウイルス・スパイウェア・フィッシングといったネット上のあらゆる危険からPCを守ってくれるため利用価値が高く、新規にセキュリティソフトを購入・セットアップしなくて済むので経済面でも優しいサービスと言えます。
さらに「@niftyメール」のメールボックスの容量は驚異の5GB。スマホで簡単に確認できるため趣味や仕事で頻繁にメールのやり取りをする方も安心です。
ワンクリックでメールの振分けや受信拒否条件の設定もできるため迷惑メール対策も万全です。
これらのサポートがあっても不測の事態が心配という方には「@niftyまかせて365」というサービスもあります。
これは365日利用可能な電話サポートで、口頭での簡単な相談から実際にPCの画面を見ての操作や助言まで幅広く対応してくれます。
これらきめ細かなサポートの充実ぶりがPCに重要なデータを保存されている方やPCの扱い自体に疎い方でも普段から安心して利用できる要因になっています。
お得で安心な@niftyとauひかりのセット契約を是非検討してみてはいかかでしょうか。

トータルで考えた場合、auに軍配!

以上、携帯キャリア3社、その他2社の比較でしたが、いかがでしょうか。
スマホを持っているなら、お得で使いやすいのは携帯キャリアのプランでしょう。
基本の月額料金の差は、戸建て・マンションなどによって一進一退ですが、初期費用や設備レンタル、通信速度のことまで考えると、やはり顧客満足度ナンバーワンのauが親切でおトクな印象です。
すでに持っているスマホのキャリアに左右される部分もあるとは思いますが、動画や映画の視聴でスマホの通信量も増えている今、たとえパソコンを使わなくても、自宅Wi-Fiはスマホと同じくらいなくてはならないもの。
スマホも含めて、今一度本当に自分の生活に合ったスタイルを探してみると、よりおトクな生活ができるかもしれません。
なお上記の金額はほぼ全て2~3年単位の契約を前提としたものです。
契約期間を設けない場合は割高になる場合が多いので注意してくださいね。

最後に

申し込みや乗り換え手続きは何かと面倒だ…と考えがちですが、実際にやってみるとそんなに難しい事はありません。
最初の一歩だけ頑張ってみましょう。

請求書が全てまとまれば便利ですし、専門スタッフが来て接続設定を行うというサポートも充実しています。
パソコンの為に時間や労力を費やすことは多かれ少なかれ、誰もが経験することです。

いろいろとわからないことは多いと思いますが、それでも大丈夫です。しっかりと繋がります。
快適且つ料金の安いインターネットライフをauひかりで過ごしましょう。

【No.1還元額】お申し込み・料金相談

auひかりの申し込み窓口はこちら