インターネット回線お申し込み窓口ランキング
ポケットWiFiお申し込みランキング

当サイトはアフィリエイト広告も含まれます

フレッツ光のプロバイダ!ポイント徹底解説

No.1キャッシュバック お申し込み・料金相談

フレッツ光のプロバイダって何?

プロバイダーとは、インターネットを始めようとするときに契約者(お客様)とインターネットを繋げてくれる事業者のことで、サポートなどさまざまなサービスも提供してくれます。
《ご利用のパソコン》⇔《フレッツ光(回線)》⇔《プロバイダ》⇔《インターネット》といった形で回線とインターネットをつなぐ大事な役目をしています。
「回線だけ契約すればいいんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、プロバイダの契約もしなければインターネットの利用はできません。

フレッツ光では、自由にお好きなプロバイダを選ぶことができます。
基本料金に別途料金がかかりますが、他社ではプロバイダーの選択肢が決められているところもありますので、プロバイダーにこだわりがあったり、過去のプロバイダーをそのまま引き続き使いたい時は便利です。
フレッツ光の場合は、「フレッツ光の光回線費用+プロバイダー費用」それぞれ料金がかかるので一番自分に合ったプロバイダを選択する必要があります。

No.1キャッシュバック お申し込み・料金相談

プロバイダの違い

プロバイダによって異なる点は大きく3つあります。

①通信速度

通信速度はプロバイダによって大きく変わります。
プロバイダ同士を比較した際に数倍も速さが違ったなんてこともあります!
インターネットを使用するにあたって必ず確認しておきたい内容です。

②月額料金

毎月の料金はフレッツ光の月額料金に加えてプロバイダの月額料金を合算した金額になります。
プロバイダごとに料金はバラバラです。

ここでお伝えしておきたいことは安いプロバイダが一番いいかという点です。
もちろん、できるだけ安くしたいという方は金額重視になると思いますが、インターネットは速度も大切な比較対象です。
安いからといざ契約してみたけど速度が遅くて別プロバイダに契約し直し…なんてことになったら本末転倒です。
金額と速度、双方で納得できるプロバイダをみつけることが重要です!

③特典

金額が少し高いなと思うプロバイダでも特典でキャッシュバックやキャンペーンを行っているプロバイダが多くあります。
また、オプションサービスの充実したプロバイダもあるので利用したいものがないか確認することをおすすめします!

結局、どのプロバイダがいいかわからない…

回線業界大手のNTTが提供しているサービス、フレッツ光
その有名度から安心感もあり、利用している方も多いのではないでしょうか。

ただフレッツ光は他の回線サービスとは違い、自身でプロバイダーを選ばないといけませんよね。
たくさんあるプロバイダーの中からどれか1つを選ぶのは至難の業。

NTT光回線フレッツ光の「プロバイダ」の選び方は?

NTT光回線であるフレッツ光のプロバイダーを選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いでしょう

提供エリアの確認

フレッツ光の提供エリアは地域によって異なります。まず、利用したいエリアでフレッツ光が提供されているか確認しましょう。

プロバイダの選択

プロバイダーは、大手のものから地域密着型のものまで様々です。各プロバイダーが提供するサービスや料金プランを比較し、自分の要件に合ったものを見つけましょう。

速度とプランの比較

プロバイダーごとに提供する回線速度やサービスプランが異なります。自分のインターネット利用のパターンに合った速度やデータ通信量を提供するプランを選ぶことが重要です。

料金の比較

各プロバイダーの料金プランを比較しましょう。初期費用や月額料金だけでなく、契約期間やキャッシュバックなどのキャンペーンも確認しておくと良いです。

カスタマーサポート

カスタマーサポートがしっかりしているかどうかも重要なポイントです。トラブルが発生した場合に迅速に対応してくれるか、サポート体制を確認しましょう。

口コミや評判の確認

インターネット上での口コミや評判を参考にすることも役立ちます。他の利用者の体験談から、特定のプロバイダーが信頼性や満足度に優れているかどうかを知ることができます。

これらのポイントを踏まえ、自分のニーズに合ったプロバイダーを選ぶと、より満足度の高いフレッツ光の利用が可能です。

NTT光回線フレッツ光の「プロバイダ」契約方法とは

契約方法には2つの主要なパターンがあります。

1.光回線事業者とプロバイダ事業者を別々に選んで申し込む

まず、光回線事業者(例:NTT東日本のフレッツ光)と光回線を契約し、その後別途プロバイダ事業者を選んで申し込む方法です。このアプローチでは、光回線とプロバイダの契約を独立して行うことができ、例えばプロバイダを変更せずに光回線事業者を切り替える、逆に光回線事業者をそのままにプロバイダだけ変更するなどが柔軟に可能です。

2.回線事業者とプロバイダ事業者をまとめて契約する

一部の事業者では、光回線事業者とプロバイダ事業者の契約をセットにして提供しています。例えば、フレッツ光では「プロバイダパック」というサービスがあります。この方法では、一つの契約で光回線とプロバイダの両方をまとめて管理でき、割引や特典が提供されたり、手続きが簡略化されたりする利点があります。

どちらの方法を選ぶかは、利用者の好みやニーズによります。契約後は、プロバイダから提供される情報に基づいて設定を行い、インターネットにスムーズに接続できます。

NTT光回線フレッツ光の「プロバイダ」の料金はいくら?

各プロバイダや利用するプランによって、インターネット接続サービスの料金は異なります。
基本料金だけでなく、キャンペーンや割引きサービスもプロバイダごとに異なるため、各社の提供内容を比較して最適な選択をすることが重要です。

また、利用する回線プランによっても料金が変動するため、回線の要件を考慮した上で、対応しているプロバイダから選ぶ必要があります。

例えば、フレッツ光では、各プランに対応するプロバイダから選択する方法や、フレッツ光回線とプロバイダをセットで申し込む「プロバイダパックが提供されています。これにより、利用者は自身のニーズに合わせて最適なサービスやプランを選択できます。

 

 

 

各種プロバイダー概要

・So-net光

KDDIが提供している光回線サービスで、So-netはそのプロバイダーサービスとなります。
特徴としてはKDDI系列となりますので、auケータイをお使いの方がお得になります。

・plala

NTTドコモが運営しているプロバイダーで、回線業界大手が運営している安心感から契約している方も多いという特徴があります。

・WAKWAK

NTT東日本の子会社であるNTT-MEが提供しているプロバイダーサービスとなります。
WAKWAKは法人向けのサービスもやっているのが特徴ですね。

・OCN

NTTレゾナントが運営しているプロバイダーサービスで、日本最大級という規模とその安定した回線が特徴です。

・hi-ho

インターネットイニシアティブが提供する通信サービスとなり、そのプロバイダーサービスです。
hi-hoの特徴は料金の安さと、メールサービスなどの機能が充実していることです。

・DTI

株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが提供するプロバイダーサービスとなります。
DTIもhi-hoと同様に、メールサービスが充実しており、メールアドレスを10個まで無料で利用出来ます。

・BIGLOBE

株式会社BIGLOBEが運営するプロバイダーサービスで、インターネット関連のインフラ事業を代表する会社です。
BIGLOBEの特徴として、「BIGLOBE光」という独自の光回線サービスを行っています。

・BB.excite

光回線やインターネット接続サービスを提供しており、そのプロバイダーサービスとなります。
BB.exciteの特徴は圧倒的なまでの料金の安さで、今回紹介するプロバイダーの中で最安値となります。

・ASAHIネット

株式会社朝日ネットが運営するプロバイダーサービスとなります。
ASAHIネットというプロバイダーサービスは古くからの実績のある会社ということから、信頼性が特徴と言えます。

・@nifty

株式会社ニフティが運営するインターネットサービスで、そのプロバイダーサービスになります。
@niftyもASAHIネットなどと同様に古くから続く老舗といえる会社なので、安心感が魅力と言えますね。

プロバイダー比較

■回線速度

平均速度下り(Mbps
BIGLOBE 314.29
So-net 294.07
DTI 287.49
OCN 284.5
plala 278.03
ASAHIネット 274.82
WAKWAK 254.32
BB.excite 214.54
@nifty 214.36
hi-ho 131.61

※みんなのネット回線速度(みんそく)参考

下り、上りの平均の回線速度を比較した表となります。
下りはデータを受信する際や、ダウンロード時の速度を表した値です。

一方で上りはメールを送信したりなど、何かをアップロードする際の速度を表した値となっています。

下り、上りの平均速度の値は数値が高いほど、快適にインターネットを利用できます。

みんそくによると、下り速度で一番速いのはBIGLOBEで、唯一300Mbpsを超えています。
それ以降は約5Mbpsの差ごとの値が続いており、どんぐりの背比べ状態と言えます。

  平均速度上り(Mbps
DTI 251.46
So-net 245.31
ASAHIネット 235.48
BIGLOBE 230.67
@nifty 216.74
plala 212.08
OCN 209.9
BB.excite 190.07
WAKWAK 186.75
hi-ho 160.19

※みんなのネット回線速度(みんそく)参考

上り速度で一番速いのは、DTIとなっています。

下り、上りの値ともに比較的速かったのは、So-net、DTI、BIGLOBEで、ダウンロード・アップロード両方で快適に使うことが出来そうです。

  平均ping値(ms
DTI 16.24
So-net 16.41
@nifty 17.09
WAKWAK 17.12
ASAHIネット 18.62
BIGLOBE 19.17
OCN 20.85
plala 21.17
BB.excite 26.09
hi-ho 30.31

※みんなのネット回線速度(みんそく)参考

上の表は平均ping値を表したもので、ping値はデータの送受信時にかかる時間を数値化したものとなります。
ping値は平均速度とは逆に、数値が低いほど快適にインターネットを利用出来ます。

DTI、So-netは平均速度と同様に平均ping値も速いですね。

通信速度ではあまり速さが目立たなかった@niftyWAKWAKでも平均ping値は速い数値になっています。

■プロバイダー料金プラン

  集合住宅料金
BB.excite 550円
DTI 748円
ASAHIネット 770円
plala 880円
WAKWAK 880円
hi-ho 979円
So-net 990円
OCN 990円
BIGLOBE 990円
@nifty 1,045円

※ギガマンション・スマートタイプ(最大1Gbps)時の料金です。

こちらは集合住宅の場合の料金となります。

BB.exciteが最安値となっており、DTIASAHIネットも比較的料金が抑えられている印象を受けます。

  戸建料金
BB.excite 550円
ASAHIネット 858円
WAKWAK 1,045円
DTI 1,046円
plala 1,100円
@nifty 1,100円
OCN 1,210円
hi-ho 1,320円
So-net 1,320円
BIGLOBE 1,320円

※ギガファミリー・スマートタイプ(最大1GbpS)時の料金です。

こちらは戸建の場合の料金です。

BB.exciteは戸建でも同様に550円という最安値を記録しています。
それにASAHIネットが続いており、以降は同等の料金です。

No.1キャッシュバック お申し込み・料金相談

おすすめのプロバイダ「フレッツ光全戸加入プラン」とは

 「フレッツ光全戸加入プラン」は、マンションをはじめとした集合住宅の全部屋で、フレッツ光の光回線サービスを導入できるプランです。
物件のオーナーが利用料金をまとめて支払うため、利用者にとってはありがたく思うサービスであるということは間違いないでしょう。

フレッツ光は安心のサポートと通信速度が安定していることが人気の理由です。

光回線のシェア率ナンバーワンという実績を誇っているため、信頼できるプロバイダであることは間違いないでしょう。

フレッツ光全戸加入プランの料金

項目 費用
初期費用 800円/一戸
工事費用 15,000円/一戸
月額料金(16戸以上の物件) 3,350円/一戸
月額料金(8戸以上の物件) 3,750円/一戸
月額料金(4戸以上の物件) 4,350円/一戸

 フレッツ光全戸加入プランを導入すると、まず一戸あたり初期費用が800円工事費用が15,000円かかります。
物件の配線環境によっては別途で工事費用がかかる場合があるのでご注意ください。

また、月額利用料金は、戸建ての数によって異なるので、契約を済ませる前に見積もりを出してもらうと良いでしょう。

 フレッツ光全戸加入プランを利用している人の声

No.1キャッシュバック お申し込み・料金相談