インターネット回線お申し込み窓口ランキング
ポケットWiFiお申し込みランキング

当サイトはアフィリエイト広告も含まれます

フレッツ光の速度!ポイント徹底解説

No.1キャッシュバック お申し込み・料金相談

フレッツ光の速度とは?

フレッツ光の最大速度は上り・下り共に1Gbpsと宣伝されています。
これがどれくらい速いのかというと、従来のインターネット回線でも高速と言われていたADSLが下りが最大で47Mbps、上りが5Mbpsなのでフレッツ光の1Gbps(1,000 Mbps)と比べたらいかに速そうだというのは何となく想像が付くかと思います。
最大通信速度(下り) 最大通信速度(上り)
フレッツ光ネクスト 1Gbps 1Gbps
フレッツ光ライト 100Mbps 100Mbps
auひかり 1Gbps 1Gbps
ソフトバンク光 1Gbps 1Gbps
ドコモ光 1Gbps 1Gbps
ちなみに、上りとパソコンからインターネット上にアップロードすることでメールの送信やブログの記事・写真・動画のアップなどに関係します。
一方、下りインターネット上からダウンロードしてパソコンに落とすことで、下りの速度が速いほど動画などの容量の大きなデータがサクサクと見ることができるようになります。
ADSLは光回線の普及によって現在ではほとんど使われなくなっており、2023年1月末でサービスの終了が決定しています。
今でもADSLを使っているという方も、後々終了することが決まっているため早い時期に光回線に乗り換えてしまうのもいいでしょう。
しかし、回線速度が速い速いと言われているはずのフレッツ光なのに動画を見ていても途中でカクカクとした動きになってしまう、読み込みが遅くてイライラするという方もいます。
それにオンラインゲームや株価など一瞬の判断で勝敗や損得が決まってしまうものを楽しんでいる方にとってネットが遅いというのは致命的です。
なぜ1Gbpsも速度が出ると宣伝しているにもかかわらず快適に使えないのかというと、その数字はあくまで理論上で出している数値だからなのです。
インターネットの回線速度は「ベストエフォート型」で表わされています。
このベストエフォートとは「最大限の努力」という意味であり、これが私たちのできる最大のものですと言って発表しているのに過ぎないのです。
そのため、使用している環境によって当然その理論上の最高数値を叩きだすことが難しい場合だって存在するのです。
何だか騙されたような気分になった方もいるかもしれませんが、回線を使用しているエリアやプロバイダによってはフレッツ光を使っていても思うような速度が出ないということが起こりうるのです。

光回線の登場で高速インターネットが楽しめる時代に!

従来のインターネットを知っている人にとって、今家庭用のパソコンでインターネットから自由に動画や音楽を再生したり、写真やブログを投稿する、様々な商品の画像がずらりと並ぶネットショッピングのサイトをサクサク見ることができるのも光回線が登場したおかげといっても過言ではありません。
それまでの電話回線を使っていたサービスと光回線を利用したサービスでは速さのケタが違います。
光回線を日本中に普及させたのはNTT東日本・NTT西日本が提供しているフレッツ光の功績が大きいと言えます。
しかし、実際に現在フレッツ光を利用している方で、思うようにインターネットの速度が出ない、読み込みに時間がかかってしまうと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
フレッツ光は本当に速いのか、その評判について紹介します。
No.1キャッシュバック お申し込み・料金相談

フレッツ光の口コミや評判は?

インターネット回線の速度について説明しましたが、実際にフレッツ光の評判や口コミを見ると「遅い」といった感想をよく見かけます。
速度計で測定してみてもかなり重い、光回線の恩恵を受けられていないといった意見がありますが、これにはいくつかの原因が考えられますが、必ずしも回線側に原因があるというわけではなさそうなのです。
例えば、夕方から深夜にかけては遅いが朝方は繋がりやすいといった場合プロバイダ側の原因の可能性があります。
インターネットは光回線はNTT東日本・NTT西日本のものですがそこからプロバイダを通して私たちのところへデータが送られてきます。
そのプロバイダの利用者数が多いと送るデータ量も増えるので交通渋滞を起こしているような状態になってしまいます。
特に大手のプロバイダは信頼感があり、サポートも充実しているとあって利用者が多く、エリアや時間帯によって使う人が増えればそれだけスピードが遅くなってしまうということが考えられます。
では、あまり名前が知られていないプロバイダを利用すれば快適に使えるのかというと、サービスやサポートが悪い可能性もあるのでプロバイダ選びは難しいところでしょう。
フレッツ光は選べるプロバイダの数も多く、使ってみてどうも合わないと感じたら別のプロバイダへの変更も自由にできます。
そのため、お気に入りのプロバイダを探してみるというのも1つの方法です。
しかし、プロバイダの解約をする時に解約違約金が発生することがあるので、その点には注意をして選ぶようにしましょう。
また、戸建てタイプよりもマンションタイプの方が遅いと言う声もあります。
これはマンションタイプの中でもVDSLというタイプが特に言われており、こちらは光回線が建物の構造の問題などで通せない時に電話回線を利用して工事を行うタイプのものです。
電話回線のため、どうしても光回線よりも速度が出ないだけでなく電子レンジなどの周囲の電波の影響も受けやすいため遅くなってしまいます。
スピードについての口コミ・評判


No.1キャッシュバック お申し込み・料金相談

フレッツ光の速度はプロバイダで変化!

フレッツ光はプロバイダを自身で別途契約する必要があるため、プロバイダの選択によっても回線速度に違いが出てきます。

平均回線速度(下り)
ビッグローブ 260Mbps
ソネット 259Mbps
ぷらら 225Mbps
OCN 220Mbps
@nifty 183Mbps
エディオンネット 179Mbps
楽天ブロードバンド 157Mbps

比較してみると聞いたことのある大手プロバイダほど速度が速いことがわかりました。
契約する際はなるべく大手プロバイダの選択がおすすめです!

また、プロバイダによって実施されているキャンペーンは異なるので、キャンペーン内容等も比較し検討してみてください!

→プロバイダに関する詳しい情報はこちら

No.1キャッシュバック お申し込み・料金相談

ふとした疑問って街中に溢れていますよね。
僕が気になったのは、一体どこの県の回線速度が一番速いのだろうかという単純な疑問です。

人口が少ない分、回線の混雑が少なそうな県が速いのか、それとも回線の選択肢が広く人口が多い都市部の県が速いのか。

ちなみに僕は地方の大都市がある県が速いのではないかと予想しています。(北海道、宮城、福岡あたり。)
流石に首都圏や関西の大都市がある県は人口が多すぎて、上位にランクインしないのではないかという考えです。

皆さんも一緒に予想してみて下さい!

今回は他社通常プランと同じ最大速度1Gbpsのプランとなるフレッツ光ネクストにて、都道府県別に比較したいと思います。
それでは本編へ!

フレッツ光ネクスト

「フレッツ光ネクスト」というプランはNTT東日本(北海道・東北地方、関東地方、甲信越地方)・西日本(東海地方、北陸地方、関西地方、中国地方、四国地方、九州地方・沖縄県)ともに提供しているサービスです。

そのため、フレッツ光ネクストは日本全国で利用可能なプランとなっています。
フレッツ光ネクストは冒頭でも説明したように、他社の通常プランである最大速度1Gbpsのプランです。(最大速度はあくまでも技術規格上の最大値です。)

月額料金は以下の通りです。

NTT東日本 NTT西日本
戸建料金 6,270円(ギガファミリー・スマートタイプ) 5,940円(ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼)
集合住宅料金 3,685~4,785円(ギガマンション・スマートタイプ) 3,520~4,950円(マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼)

※全て税込表示

上記の値段に初期工事費等が加算されます。

またフレッツ光は月額プロバイダー料金が別途必要となりますので、ご注意ください。

都道府県別回線速度比較

今回、比較に当たって全ての数値は「みんなのネット回線速度(みんそく)」を参考にしています。

比較する数値については、上り(アップロード)と下り(ダウンロード)の平均速度と平均Ping値となります。
平均速度は数値が高いほど回線速度が速くPing値は数値が低いほど快適にインターネットを利用出来ます。

また11/21時点での数値となりますので、ご承知おきください。

■北海道・東北地方

上り平均速度(Mbps) 下り平均速度(Mbps) 平均Ping値(ms)
北海道 194.08 286.97 28.36
青森県 179.33 236.52 25.06
岩手県 188.53 269.54 21.55
宮城県 204.88 250.73 18.13
秋田県 189.35 279.53 23.67
山形県 176.58 285.67 21.82
福島県 189.28 260.29 19.89

上りで最も高い数値は大都市の仙台市がある宮城県で、下りも札幌市がある北海道と、まさに予想的中です!
またPing値も宮城県がトップで、僅差で福島県が続いています。

北海道・東北地方全体での平均値は、上りが188.86Mbps、下りが267.03Mbps、Ping値が22.64msとなります。

地方ごとの平均値を考える際の基準値として、上の数値を覚えておいてください!

■関東地方

上り平均速度(Mbps) 下り平均速度(Mbps) 平均Ping値(ms)
茨城県 244.33 306.75 15.9
栃木県 201.19 263.77 15.41
群馬県 242.69 276.06 17.01
埼玉県 230.01 250.11 11.22
東京都 268.32 288.03 10.0
神奈川県 259.96 291.99 13.05
千葉県 275.37 293.22 10.9

上りで最も高い数値は千葉県で、下りは茨城県となっています。
Ping値が最も低いのは東京都で、0.9差で千葉県が続いている状況です。

関東地方と北海道・東北地方の表を見比べれば一目瞭然ですが、圧倒的に関東地方の方が速いことが分かりますよね。

それぞれの平均値は上りが245.98Mbps、下りが280.27Mbps、Ping値が13.35msです。
こうしてみると、東北地方とでは上り速度とPing値の差が顕著なことが分かりますよね。

■甲信越地方

上り平均速度(Mbps) 下り平均速度(Mbps) 平均Ping値(ms)
山梨県 236.17 245.68 13.66
長野県 219.32 294.75 17.28
新潟県 258.02 325.47 18.14

上り下りともに最も速いのは新潟県で、Ping値は山梨県となっています。
新潟県には新潟市という大都市があることが影響していそうです。

甲信越地方は全体的に回線速度が速い印象を受けました。

平均値は上りが237.83Mbps、下りが288.63Mbps、Ping値が16.36msです。

■東海地方

上り平均速度(Mbps) 下り平均速度(Mbps) 平均Ping値(ms)
静岡県 196.12 298.55 25.18
愛知県 227.06 307.18 20.78
岐阜県 224.53 293.42 22.22
三重県 227.36 304.86 25.59

東海地方は全体的に非常に近い数値で、上りは僅かに三重県が、下りは愛知県が最も高い数値となっています。
またPing値も愛知県がトップの数値となるも、全体的に近しい数値となっていました。

東海地方ではいずれの県でも同じような通信環境となっており、平等な回線状況と言えそうです!

平均値は上りが218.76Mbps、下りが301Mbps、Ping値が23.44msです。

■北陸地方

上り平均速度(Mbps) 下り平均速度(Mbps) 平均Ping値(ms)
富山県 218.47 288.88 26.52
石川県 196.05 263.28 23.41
福井県 180.42 300.52 22.89

北陸地方は上りが富山県で、下り、Ping値はともに福井県がトップの数値となっています。

北陸地方は甲信越地方と同様に3県と他地方と比べると県数が少ないため1つにまとめることも考えましたが、今回はフレッツ光の親元であるNTTの区分(東日本、西日本の区分)に従い、このような形にしました。

平均値としては、上りが198.31Mbps、下りが284.22Mbps、Ping値が24.27となっています。

■関西地方

上り平均速度(Mbps) 下り平均速度(Mbps) 平均Ping値(ms)
滋賀県 224.12 307.72 23.72
京都府 225.54 269.86 21.86
奈良県 215.48 242.91 22.59
大阪府 217.79 266.52 18.91
兵庫県 216.47 252.29 20.86
和歌山県 223.28 297.08 23.44

関西地方の上りは非常に近い数値となっているものの、僅かに京都府が上の数値となっています。
一方で下りは滋賀県がダントツで、Ping値は大阪府がトップの数値となります。

関西地方でも東海地方と同様に、全体的に近しい数値となっており、いずれの府県でも平等な回線状況と言えそうですね。

平均値は上りが220.44Mbps、下りが272.73Mbps、Ping値が21.89msとなります。
関西地方はやはり予想通りで、人口が多い分回線の混雑によって他地方に比べて回線速度が遅くなっていそうな印象を受けました。

■中国地方

上り平均速度(Mbps) 下り平均速度(Mbps) 平均Ping値(ms)
鳥取県 184.73 297.76 29.26
島根県 166.69 236.19 35.48
岡山県 185.61 235.25 28.66
広島県 195.25 256.36 27.29
山口県 180.32 278.99 32.31

最も高い数値となったのが上りは広島県で、下りは鳥取県でした。
またPing値も広島県がトップの数値となっています。

地方の大都市広島市のある広島県の面目躍如といったところでしょうか。

平均値は上りが182.52Mbps、下りが260.91Mbps、Ping値が30.6でした。

■四国地方

上り平均速度(Mbps) 下り平均速度(Mbps) 平均Ping値(ms)
香川県 191.75 255.25 26.36
徳島県 200.51 332.21 27.51
愛媛県 193.75 286.4 26.37
高知県 194.05 263.3 25.25

平均速度は上り下りともに徳島県が最も速くPing値は僅差で高知県がトップの数値となっています。
四国地方も関西地方や東海地方と同様に、全体的に近しい数値な印象を受けました。

そういった中で徳島県の下り速度はダントツで速いですね!

平均値は上りが187.51Mbps、下りが284.29Mbps、Ping値が26.38msです。

■九州地方・沖縄県

上り平均速度(Mbps) 下り平均速度(Mbps) 平均Ping値(ms)
福岡県 196.94 257.11 27.7
佐賀県 198.72 276.92 29.24
長崎県 187.26 234.61 30.54
大分県 205.8 308.3 28.65
宮崎県 164.24 257.8 32.76
熊本県 186.68 217.54 30.46
鹿児島県 176.68 244.34 33.41
沖縄県 149.62 201.11 43.55

九州地方で最も平均速度が速かったのは、上り、下りともに大分県で、ダントツで飛び抜けていました
Ping値についてはいずれの県も数値は僅差でしたが、トップは福岡県となっています。

九州地方の平均速度は、全体的にバラつきがある印象を受けますね。

平均値は上りが183.24Mbps、下りが249.71Mbps、Ping値が32.03msです。

各項目ランキングベスト5

最後に上り、下りの平均速度平均Ping値の各3項目の上位5県を発表したいと思います。
さて、皆さんの予想は当たるでしょうか?

まずは上りの平均速度ベスト5です。

1位 千葉県 275.37Mbps

2位 東京都 268.32Mbps

3位 神奈川県 259.96Mbps

4位 新潟県 258.02Mbps

5位 茨城県 244.33Mbps

関東地方が4/5を占めており、唯一新潟県のみ関東地方以外となっています。
ここまではっきりと特徴が表れるとは予想外でした。

続いて、下りの平均速度ベスト5です。

1位 徳島県 332.21Mbps

2位 新潟県 325.47Mbps

3位 大分県 308.3Mbps

4位 滋賀県 307.72Mbps

5位 愛知県 307.18Mbps

上りとは一転して、下りは様々な地方からランクインしており、1つの地方が飛び抜けるということはありませんでした。

新潟県は上り、下りともにランクインしており、非常に優秀な数値を記録していますね。

最後に平均Ping値のベスト5です。

1位 東京都 10ms

2位 千葉県 10.9ms

3位 埼玉県 11.22ms

4位 神奈川県 13.05ms

5位 山梨県 13.66ms

上位4県は全て首都圏となり、5位に山梨県が関東地方以外からランクインしています。

総括すると、やはり首都圏含む関東地方が優秀な数値を記録していました。
流石日本の中心と言えますね!

皆さんの予想は当たったでしょうか?

残念ながら僕はダメでしたね。。。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

 

フレッツ光クロス10ギガ

まずは、フレッツ光クロスについて簡単に説明していきます。
フレッツ光クロスとは、2020年4月1日に提供が開始されたフレッツ光史上最速スペックの超高速インターネットサービスのことです。
最大通信速度はなんと10Gbps

一般的な光回線の通信速度は最大1Gbpsがほとんどですから、その10倍と考えると分かりやすいと思います。

フレッツ光の提供エリアは全国展開ですが、フレッツ光クロスを利用できる地域はかなり限定的ですので、注意が必要です。

フレッツ光クロス提供エリア詳細

神奈川・千葉・埼玉のエリアでもフレッツ光クロスが利用できるようになったとはいえ、実は県内でもエリアが縛られています

ということで、細かい提供エリア情報を以下に記載します。

〈NTT東日本〉
東京都 中央区、千代田区、文京区、港区、新宿区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、練馬区、板橋区、豊島区、北区、台東区、墨田区、江東区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区、狛江市、三鷹市、調布市、府中市、稲城市、羽村市、国分寺市、小金井市、小平市、昭島市、清瀬市、西東京市、多摩市、東久留米市、東村山市、東大和市、武蔵村山市、武蔵野市、福生市、立川市、あきる野市、国立市、青梅市、町田市、日野市、八王子市、西多摩郡瑞穂町
神奈川県 横浜市旭区、横浜市磯子区、横浜市栄区、横浜市金沢区、横浜市戸塚区、横浜市港南区、横浜市港北区、横浜市神奈川区、横浜市瀬谷区、横浜市西区、横浜市青葉区、横浜市泉区、横浜市中区、横浜市鶴見区、横浜市都筑区、横浜市緑区、川崎市幸区、川崎市高津区、川崎市川崎区、川崎市多摩区、川崎市中原区、伊勢原市、茅ケ崎市、逗子市、足柄上郡松田町、中郡二宮町、横浜市南区、横浜市保土ヶ谷区、川崎市宮前区、川崎市麻生区、相模原市中央区、相模原市南区、相模原市緑区、綾瀬市、横須賀市、海老名市、鎌倉市、厚木市、座間市、小田原市、秦野市、大和市、藤沢市、平塚市、高座郡寒川町、足柄上郡開成町、足柄上郡大井町、足柄上郡中井町、中郡大磯町
千葉県 千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市中央区、千葉市美浜区、市川市、習志野市、松戸市、白井市、浦安市、鎌ヶ谷市、千葉市緑区、市原市、成田市、船橋市、袖ケ浦市、大網白里市、東金市、八街市、木更津市、流山市、柏市、茂原市、八千代市、四街道市、君津市、銚子市、旭市、印西市、我孫子市、鴨川市、佐倉市、山武市、富里市、野田市
埼玉県 さいたま市西区、さいたま市緑区、さいたま市浦和区、さいたま市見沼区、さいたま市桜区、さいたま市大宮区、さいたま市中央区、さいたま市南区、さいたま市北区、ふじみ野市、狭山市、坂戸市、志木市、新座市、草加市、鶴ヶ島市、富士見市、北本市、和光市、蕨市、秩父郡横瀬町、南埼玉郡宮代町、入間郡三芳町、さいたま市岩槻区、飯能市、本庄市、三郷市、羽生市、越谷市、桶川市、加須市、吉川市、久喜市、熊谷市、戸田市、幸手市、行田市、鴻巣市、春日部市、所沢市、上尾市、深谷市、川越市、川口市、秩父市、朝霞市、東松山市、日高市、入間市、八潮市、蓮田市、白岡市、児玉郡神川町、秩父郡小鹿野町、比企郡滑川町、北葛飾郡杉戸町、北足立郡伊奈町
〈NTT西日本〉
大阪府 大阪市、東大阪市、八尾市、松原市、藤井寺市、豊中市、堺市、茨木市、吹田市、大東市、門真市
和歌山県 和歌山市
京都府 京都市、長岡京市、向日市
滋賀県 草津市、彦根市
兵庫県 加古川市、伊丹市
愛知県 名古屋市、岡崎市、豊川市、刈谷市、江南市、小牧市、津島市、春日井市、北名古屋市、半田市、瀬戸市、大府市、豊橋市
静岡県 藤枝市、袋井市、富士宮市、三島市、浜松市、焼津市、磐田市
岐阜県 岐阜市、美濃加茂市

フレッツ光クロスを検討している方は提供エリアに自宅が入っているかどうかしっかりと確認しましょう!

No.1キャッシュバック お申し込み・料金相談